小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

じつはかなりお買い得!?ダイソーのキャンプ用ロープを徹底検証【100均】

2024.06.15

テントやタープの設営や、樹間に張るなど、キャンプでは欠かせないロープ。どちらかといえば地味で目立たない存在だが、縁の下の力持ちのアイテムであることは間違いない。

そして、100円ショップのダイソーでは、さまざまなキャンプ向けロープが販売されている。主要なものをピックアップして紹介しよう。

蓄光素材で夜間も光る(?)「キャンピング用ロープ」

黄色系の蛍光色で、店a頭で一番目立つロープ。この光沢感は、蓄光素材を含有しているため。暗がりで光るため、夜間でもロープの位置がわかるというふれこみ。

思わぬつまずき防止には便利だが、実際に確認すると、明るさはかなり限定的だ。写真に撮ろうとしたが、感度をめいっぱいあげても真っ暗にしか写らないほど。ただし肉眼では、ぼんやりとかすかに黄色いロープがあるのはわかる。人工照明のないキャンプ場では、役に立つだろう。

■商品詳細

商品名:キャンピング用ロープ
価格:110円
原産国:中国
ポリプロピレン
商品サイズ:ロープ長7m
種類:-
商品ページ:https://jp.daisonet.com/products/4549892000560

コスパ抜群で性能も十分な「ガイロープ」

「ガイ」は英語で“guy”と書き、張り綱の意味がある。本品はその名のとおり、テントやタープに使う張り綱のことで、もっともベーシックなもの。

特段の機能性はないぶん、とにかくコスパに優れている。商品のバリエーションは、太さ(径)が5mmと6mmがある。長さは、5mm径だと10mと25m、6mm径だと8mとなる。価格を見れば、25mは220円、ほかは110円だ。メインロープとして太さは十分だし、素材(ポリエステル、PET、ポリプロピレンの混合)は、ナイロンより耐久性は落ちるものの、通常のキャンプでは気にするほどではない。蓄光ではないが光沢感があり、夜間の視認性に優れている。これはお買い得だろう。

■商品詳細

商品名:ガイロープ
価格:110円、ロープ長25mは220円
原産国:中国
材質:ポリエステル、PET、ポリプロピレン
商品サイズ:径6mm×ロープ長8m、径5mm×ロープ長25m、径5mm×ロープ長10m
種類:径・ロープ長に応じて3種類
商品ページ:https://jp.daisonet.com/products/4550480228433

設営時に扱いやすい細めの「アウトドア用ガイロープ」

一方でこちらは、太さ4mmのガイロープ。メインローブとして安心して使える太さとして、これが最下限となるが、テントの張り綱としては十分。

ガイロープは太ければ太いほどいいとは限らず、荷物のかさばりを少しでも軽減したいとか、扱いやすさを優先するのであれば、細いものがいい。もちろん強度・耐荷重を考慮する必要があるが、対候性・耐水性に優れたポリエステル製なので、その点も問題ないだろう。価格面については、ロープ長が3mしかなく割高感はあるが。

■商品詳細

商品名:アウトドア用ガイロープ
価格:110円
原産国:日本
材質:ポリエステル
商品サイズ:径4mm×ロープ長3m
種類:グリーン、ベージュ
商品ページ:https://jp.daisonet.com/products/4549131988062

タープの設営が手早くできる「タープポール専用ガイロープ」

タープのポール(支柱)を安定させるガイロープで、張りの調節を容易にするアジャスターストラップが付属している。

面倒なロープワークを省け、ビギナーにやさしいのがセールスポイントとなる。また、タープ設営の仕方を記した、簡易な取扱説明書も入っており、参考になるだろう。価格は330円だが、タープの設営には通常は8~12本必要となり、普通のガイロープと比較して、それなりの出費になる点は注意。

■商品詳細

商品名:タープポール専用ガイロープ
価格:330円
原産国:中国
材質:ポリエステル、亜鉛合金、ポリアセタール
商品サイズ:ロープ長4m
種類:-
商品ページ:https://jp.daisonet.com/products/4550480236872

強風対策に活用できる「ストレッチコード」

タープやテントへの強風の衝撃を軽減するための便利アイテム。使い方は、フックをガイロープに掛け、輪を地中に打ち込んだペグに通す。輪は合成ゴム製でわずかに伸縮するため、強い風を受けたときにそれが伸びて風の力を多少逃してくれる。

全長16cmで4本入り(上写真)のほか、60cmまたは120cmの1本入りも販売されている。こうした長いバージョンは、短いガイロープで固定する穴が、ボトム付近にあるテントに直接掛けて使える。

■商品詳細

商品名:ストレッチコード
価格:110円
原産国:中国
材質:スチール、合成ゴム、ポリプロピレン
商品サイズ:径6mm×ロープ長16cm
種類:白、黒、60cm、120cm
商品ページ:https://jp.daisonet.com/products/4550480228440

ポールを束ねて荷物がまとめやすい「伸縮ゴムロープ」

先ほどの「ストレッチコード」と似ているが、使用法はまったく異なる。こちらは、撤収時に複数のポールを束ねたり、(フックに)小物を吊るすのに使う。

ロープの輪の直径は約8cm。太さにもよるが、タープポール数本は結束できる。「小物を吊るす」というのは、(下の写真のように)メスティンといったキャンプ用品を、横に張ったロープ・棒から吊るすという意味だが、どうだろう? ちょっと奮発して、アウトドア用ハンガーラックを導入したほうがベターな気がする。

■商品詳細

商品名:伸縮ゴムロープ
価格:110円
原産国:中国
材質:ポリプロピレン、天然ゴム、ステンレス鋼、ポリプロピレン
商品サイズ:ロープ長28.5cm
種類:-
商品ページ:https://jp.daisonet.com/products/4550480339481

キャンプよりも防災で役立ちそうな「多機能コードキーホルダー」

片側がキーリング、もう片側がカラビナのかなりごっついキーホルダー。

説明書きには、「束ねる・巻く・干す アウトドアシーンで活躍!」とある。どういうことかというと、「緊急時」には編み込み部分をほどいて、150cmの1本のロープとして使える。カラビナの根本にロープの終端があり、指で簡単にほどける構造だが、一旦ほどいてしまえば元に戻せないので(※)、使いきりとなる。

※パラコードなどで結び方を会得している人は結びなおせる

ロープをほどき切ったところ

何かを「束ねる・巻く・干す」は、必ずしも「緊急時」の行動ではないだろうし、単に予備のロープを持っていけばいいわけで、商品のコンセプトとしては、正直かなり弱い気がする。アウトドアでなく、防災グッズとしてはアリかもしれない。

■商品詳細

商品名:多機能コードキーホルダー
価格:110円
原産国:中国
材質:ポリプロピレン、アルミ合金、スチール
商品サイズ:ロープ長150cm
種類:-
商品ページ:-

撮影・文/鈴木拓也

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。