小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2024年第1四半期に世界で最も売れたスマートフォンは「iPhone 15 Pro Max」、アップルとサムスンでTOP10を独占

2024.06.06

カウンターポイント・リサーチ・エイチ・ケー (以下カウンターポイント社)は、2024年第1 四半期スマートフォングローバル市場において、AppleとSamsungがスマートフォンベストセラー機種トップ10を独占したという調査結果を含む、Global Monthly Handset Model Sales Trackerによる最新調査結果を発表した。

本稿では同社リリースを元に、その概要をお伝えする。

発売時期など季節性に関係なくPro Maxバージョンが初の1位を獲得

2024年第1 四半期スマートフォングローバル市場において、AppleとSamsungがスマートフォンベストセラー機種トップ10 を独占。両社が5機種ずつランクインさせ、他社に付け⼊る余地を与えなかった。

この四半期に、初めてトップ10機種の全てが5G対応機種となり、また、⾼価格帯機種指向トレンドも鮮明であり、トップ10のうち7機種が⾼価格帯機種(メーカー卸値600⽶ドル)となった。

AppleのiPhone 15 Pro Maxが2024年第1四半期のベストセラーとなった。発売開始の初期などの季節性の特殊要因に関係なくPro Maxバージョンがトップになるのは、Appleにとって初めてのことだ。

これは消費者がハイエンドスマートフォンを求めるトレンドが加速していることの表れとして、注⽬されるポイントとなる。iPhone 15シリーズの全4機種とiPhone 14がトップ10⼊りし、その中でもiPhone 15のラインアップがトップ3位までを占める結果となった。

<スマートフォングローバル市場におけるトップ10ベストセラースマートフォン機種シェア/2024年第1四半期と2023年第1四半期⽐較>

出典: カウンターポイント社Global Monthly Handset Model Sales (Sell-through) Tracker, March 2024
※2024年第1四半期の図における市場シェアは速報値を⽰す
※スマートフォン卸値600⽶ドル以上を⾼価格帯機種とする

■ProバージョンのiPhoneはAppleにとって今や主要な収益源に

Apple のProバージョンの⼈気が⾼まっていることが明らかとなっており、それは2024年第1四半期のAppleの販売総数の半分をProバージョンが占めたことでもわかる。

2020年第1四半期における24%から、⼤きく数字が伸びており、ProバージョンのiPhoneはAppleにとって今や主要な収益源となっている。2024年第1四半期では売上の60%を超えている。

Proのラインアップはベース機種と⽐べて⼤幅なアップグレードと機能強化がなされており、この戦略が的中した形だ。消費者は⾼価格帯機能に喜んでお⾦を使うようになったことが主な要因だ。

Proのラインアップに搭載されるのは、先進のダイナミックアイランドを使った画⾯操作、⾼性能なチップセット、滑らかな動きのディスプレイ、チタン製のボディ、望遠カメラ等の機能だ。

iPhone 15 Pro Maxは、2019年にProシリーズを発売して以来の値上げをしたにもかかわらず、売れ⾏き好調であることから、Proバージョンに搭載される機能を消費者が強く求めていることが推察できる。

■SamsungのGalaxy S24シリーズはTOP10に2機種がランクイン

SamsungのGalaxy S24シリーズは、2024年第1四半期のトップ10に2機種がランクインした。S24のUltraバージョンが第5位、ベース機種が第9位でだった。

S24の好調は、Samsungが同シリーズのモデルチェンジを早期に⾏なったこと、そして、⽣成AI(GenAI)技術への注⼒によるものが主な要因だ。S24シリーズは⽣成AI の機能を搭載して世に出た最初の機種であり、ユーザーは、独⾃のコンテンツを作ったりすることができるなど、従来と⼀線を画す新たなスマートフォン体験が可能となっている。

機種の買い替えによって得られる機能の差が減り、消費者は⼿持ちのスマートフォンを⻑く使うようになっている。

その結果、消費者は、⾃分⾃⾝のスマートフォンがより⻑い期間に渡って技術的に陳腐化しないよう、ハイエンドスマートフォンを選ぶ傾向がありる。

今後、スマートフォンメーカー各社が、⽣成AI を含む⾼価格帯機能を搭載した機種にポートフォリオを絞っていく中で、ベストセラートップ10 機種がスマートフォン販売全体に占める割合がさらに⾼まると予想される。

調査概要
今回の発表は、チャネル情報、POSデータ、ディストリビューターアンケート調査、公開データなどボトムアップデータソースとトップダウンリサーチの組み合わせによるカウンターポイント社独⾃の調査⽅法で実施したものだ。
調査時期/2024年1⽉1⽇〜2024年3⽉31⽇

関連情報
https://japan.counterpointresearch.com/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。