小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Excelで文字間隔を調整したり縦書きにする方法【図解】

2024.06.11

Excelで文字間隔を調整したいが、方法が分からないという方もいるのではないだろうか。ExcelではWordと同じように、文字間隔を均等にする機能が備わっている。

本記事ではExcelで文字間隔を調整する方法について解説する。また、文字を縦書きにして調整する方法についてもまとめた。

Excelで文字間隔を調整する方法

Excelで文字間隔を調整し、表内の文字列の幅を均等にすることで、表を見やすくできる場合がある。文字列の幅を均等にした方が、目を左右に動かさなくて良くなるためだ。

ここでは、Excelで文字間隔を調整する方法について解説する。文字間隔を調整する手順は次のとおり。

  1. 表を作成する
  2. 均等割り付けを行う

1つ1つの手順について詳しく解説していく。

1.表を作成する

まず、文字間隔の調整のテストを行うために表を作成する。以下のように、各文字列の長さが異なる表を準備しよう。

2.均等割り付けを行う

Excelの均等割り付け機能を使い、各文字列の文字間隔を調整し、横幅を揃えていく。

文字間隔を調整したいセルをまず選択する。右クリックから「セルの書式設定」をクリックする。

なお、セルの書式設定はショートカットキーでも開くことができる。WindowsはCtrl+1、Macではcommand+1で開くことが可能だ。

セルの書式設定画面が表示されたら、「配置」タブをクリックしよう。

そして「水平方向の配置」を「均等割り付け」に変更する。これで、横幅を均等にする設定が行われた。設定を行ったら「OK」をクリックする。

「OK」をクリックすると、以下のように文字間隔が調整され、各行が同じ長さになっていることが分かる。

Excelで行間隔を調整する方法

続いて、Excelで行間隔を調整する方法について解説する。

まず、行間隔を調整したいセルを選択する。右クリックし、「セルの書式設定」をクリックする。

「セルの書式設定」画面を開いたら「配置」タブをクリックする。さきほどは「水平方向の配置」を変更したが、今後は「垂直方向の配置」を「均等割り付け」に変更する。

変更したら「OK」をクリックする。すると、以下のようにB1の行間隔がA1と同じになった。このようにExcelでは、行間隔も均等にすることができる。

Excelで文字を左端・右端に寄せる方法

続いて、Excelで文字を左端・右端に寄せる方法を解説する。

左端に寄せるには「ホーム」タブから「左揃え」をクリックする。

右端に寄せるには「ホーム」タブから「右揃え」をクリックする。

Excelで文字を縦書きにする方法

続いて、Excelで文字を縦書きにする方法について解説する。縦書きにする手順は次のとおり。

  1. 文字を90度傾ける
  2. 縦書きに変更する
  3. 文字の場所を調整する

1つ1つの手順について詳しく解説していく。

1.文字を90度傾ける

Excelで文字を縦書きにするにはまず、文字を90度傾けないといけない。文字を傾ける際もやはり、セルの書式設定変更を行う。

まず、縦書きにしたいセルをクリックする。右クリックから「セルの書式設定」をクリックする。

セルの書式設定画面を開いたら、「配置」タブをクリックする。そして「方向」欄の「度」を「-90」に変更する。

「OK」をクリックすると、次のように文字列が90度傾いている。

2.縦書きに変更する

文字列を90度傾けたら、これを縦書きに変更する必要がある。

縦書きに変更するには、「ホーム」タブをクリックする。そこから、文字列のフォント名を確認できる。フォント名をクリックし、先頭に「@」を挿入しよう。

すると、文字列が自動的に縦書きに変更される。

3.文字の場所を調整する

文字列を縦書きにすると、文字が左に寄ってしまう。最後に文字の場所を中央に調整しよう。

「ホーム」タブから「中央揃え」をクリックする。これで、文字列がセルの真ん中に表示される。以上が、Excelで文字を縦書きにする手順である。

まとめ

本記事ではExcelの文字間隔を調整する方法についてまとめた。最後に、文字間隔を調整する手順についておさらいしよう。

  1. 表を作成する
  2. 均等割り付けを行う
    1. 文字間隔を調整したいセルをクリックする
    2. 右クリック⇒「セルの書式設定」をクリック
    3. 「配置」タブをクリック
    4. 「水平方向の配置」欄を「均等割り付け」に変更する
    5. 「OK」をクリック

また、文字を縦書きにする手順は次のとおり。

  1. 文字を90度傾ける
    1. 縦書きにしたいセルをクリック
    2. 右クリック⇒「セルの書式設定」をクリック
    3. 「配置」タブをクリック
    4. 「方向」欄の「度」を「-90」に変更する
    5. 「OK」をクリック
  2. 縦書きに変更する
    1. 「ホーム」タブをクリック
    2. フォント名の冒頭に「@」を挿入する
  3. 文字の場所を調整する
    1. 「ホーム」⇒「中央揃え」をクリック

文字間隔が均等になるように調整することで、表が見やすくなる場合もあるので、やり方を覚えておこう。また、文字を縦書きにするのも覚えておくと、名刺を作成する場合など、いざというときに便利である。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。