小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

何と読む?四字熟語「精進潔斎」の意味と正しい使い方

2024.06.19

「精進潔斎(しょうじんけっさい)」という表現を聞いたことはありませんか。

肉食を断ち、行いを慎んで身を清めることで、神仏に関わる行為をする前の心構えとされています。

実際に何をすれば「精進潔斎」したことになるのか、また、どのようなときに実施するのかご紹介します。

精進潔斎とは?由来と意味

修行のイメージ

■読みと意味

精進潔斎とは「しょうじんけっさい」と読み、精進と潔斎の2つが組み合わさった言葉です。

精進には次の意味があります。「雑念を去り、仏道修行に専心すること」「一定の期間、行いを慎み身を清めること」「肉食を断って菜食をすること」「一つのことに精神を集中して励むこと。一生懸命に努力すること」。

また、潔斎には「法会・写経・神事などの前に、酒肉の飲食その他の行為を慎み、沐浴(もくよく)などして心身を清めること」という意味があります。類似する言葉には「斎戒(さいかい)」があり、「神聖な仕事に従う者が、飲食や行動を慎み、心身を清めること」を指します。

精進には潔斎の意味も含まれているため、「精進潔斎」とつなげても「潔斎」と一言で表現してもあまり意味は変わりません。いずれも古くからの習慣や宗教に由来する言葉として、神事や仏事を行う前に肉食を断って身を清める際に使われます。

参考:デジタル大辞泉

■言葉の由来

上記の通り、元々は「精進」と「潔斎」は別々の言葉として使われていました。

これが平安時代末期に「精進」と「潔斎」の意味が近接し、合わせて「精進潔斎」と併称されるようになりました。

精進潔斎の使い方

あまり耳馴染みのない言葉に感じる人も多くいるであろう「精進潔斎」。具体的にはどんなシーンを指して使われるのでしょうか。具体的なシーンを挙げて、例文とともに使い方を見ていきましょう。

■精進潔斎をするケース1.神仏に関わる行為をするとき

法会や写経、神事といった神仏に関わる行為をするときには、「精進潔斎」をします。どの程度の精進潔斎が求められるかは状況によっても異なるため、関連する神社や寺社に直接尋ねてみてください。

たとえば、お祭りで重要な役を果たすときには、一定期間の肉食が禁じられるかもしれません。また、仏像を製作するときなら、自発的に何ヶ月も飲食や行動を慎むこともあるでしょう。

【例文】

・祭りの大役を引き受けたからには、この1ヶ月は精進潔斎をするつもりだ。

・精進潔斎をしてから心を込めて写経をしている。

■精進潔斎をするケース2.ひたすら励むとき

「精進」には「一つのことに集中して励む」や「一生懸命努力する」という意味もあるため、ひたすら励むときに「精進潔斎」すると表現することもあります。

【例文】

・精進潔斎をして仕事に打ち込んでいる。

・彼女は友人との夜遊びを一切止め、精進潔斎をして受験勉強に取り組んだ。

精進潔斎のやり方

手水のイメージ

精進潔斎の大まかなやり方を紹介するので、ぜひ参考にしてください。ただし、やり方の細かなルールは状況や神社・寺社によっても異なるため、実際に精進潔斎が必要とされるときは神職や僧、祭りや行事の担当者などに尋ねるようにしましょう。

■神職の精進潔斎

神社で行われる祭りでは、奉仕する神職は一定期間、忌み籠り(いみごもり)をします。また、祭儀の当日は手を洗い、口をすすぎ、再度手を洗って身体を清めます。

本来は海や川で身体を清めていましたが、現在では神社内で手と口を清めることが一般的です。なお、海は清濁をあわせ飲み、本来の清浄さに戻すものとして信じられていたため、現在でも清めの儀式として塩を用いることがあります。

■信仰者の精進潔斎

個人が神社を参拝するときは、手水(ちょうず)をとることで精進潔斎の代わりにします。なお、神殿で鈴が下げられているときは、鈴を振って鳴らし、神に認知してもらいます。

その後、賽銭を捧げて、腿に添えた両手を膝まで下げて二度拝礼し、二度柏手を打ちましょう。音を鳴らすのは鈴を鳴らすのと同じで、神に認知してもらう意味が含まれています。その後、さらに一度拝礼してください。

なお、通常は二度の拝礼・二度の柏手・一度の拝礼がルールとなりますが、出雲大社では柏手を四度、伊勢の正式祭儀では八度を八回繰り返すなどのルールがあります。

精進潔斎に関連する言葉

精進料理のイメージ

精進潔斎に関連する言葉としては、次のものが挙げられます。

・精進料理

・精進揚げ

・精進落とし、精進明け

いずれも日常会話でも使われることがあります。それぞれの意味を見ていきましょう。

■精進料理

精進料理とは、肉や魚などの動物関連の食材を使わない料理のことです。野菜や豆類、穀類、海藻などを中心として料理を作っていきます。調理法は幅広く、次の五法(ごほう)を中心としてバラエティ豊かな料理を仕上げていきます。

・生

・煮る

・焼く

・蒸す

・揚げる

ただし、油調理をするときは、ラードやバターといった動物由来の油脂ではなく、大豆油や菜種油などの植物性油脂を用いることが一般的です。また、精進料理は味の調和を図るために、次の五味(ごみ)を取り入れることが多いです。

・甘味

・酸味

・塩味

・苦味

・辛味

それぞれ食欲増進やデトックス、血行促進などの効果をもたらし、バランスよく食べることで健康維持にもつながります。

精進料理は色にもこだわります。見た目を美しくするだけでなく、栄養バランスに配慮するためにも、次の五色を取り入れることが多いです。

・赤(トマト、にんじんなど)

・黄(かぼちゃ、ピーナッツなど)

・緑(ホウレンソウ、ブロッコリーなど)

・白(白菜、こんにゃくなど)

・黒(しめじ、黒豆など)

さまざまな食材を幅広く食する精進料理ですが、禁じられているものもあります。とりわけ匂いが強い野菜を五禁(ごきん)と呼び、避けるべきとされています。

・ねぎ

・にら

・にんにく

・しょうが

・らっきょう

■精進揚げ

精進揚げ(しょうじんあげ)とは、野菜類の揚げ物のことです。主に天ぷらを指して、「精進揚げ」と呼ぶことがあります。

参考:デジタル大辞泉

■精進落とし、精進明け

精進落とし(しょうじんおとし)とは、精進潔斎の期間が終わり、普段の生活に戻ることです。精進明け(しょうじんあけ)ともいいます。精進潔斎の期間中、肉食を断っていた場合なら、肉や魚を食べて精進落とし・精進明けをします。

参考:デジタル大辞泉

精進潔斎の方法を理解しておこう

散策のイメージ

精進潔斎は神仏に関わるときや努力をするときに使う言葉です。神社や寺社に参拝するときや祭事に関わるときは、適切な方法で精進潔斎をするようにしましょう。

また、神社や寺社によって精進潔斎の方法が異なります。参拝者や関係者に不快な印象を与えないためにも、それぞれのルールを守るように心がけましょう。

構成/林 泉

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。