小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

シリコンバレーで数多くの成功を収めたピーター・ティールの哲学とビジョン

2024.05.26

米国起業家列伝シリーズ「ピーター・ティール」

ピーター・ティールは、シリコンバレーを代表する起業家であり、技術革新とリバタリアニズムの影響力ある人物です。彼は1967年にドイツのフランクフルトで生まれ、幼少期に家族と共にアメリカに移住しました。

このころからSF好きであり、アーサー・C・クラークやアイザック・アシモフといったSFの巨匠たちの作品に夢中になり、未来の世界や技術の可能性についての想像力をかき立てられました。これらの作品は、ティールの思考に大きな影響を与え、後にテクノロジー分野でのイノベーションを追求する原動力となったのです。

高校時代は数学オリンピックにさんかするなど、学問的な才能を発揮しています。その後

スタンフォード大学で哲学を学び、続いてスタンフォード法科大学院を卒業しています。

初期のキャリア

ティールは法律の分野でキャリアをスタートさせ、裁判官の書記官や法律事務所での勤務を経て、1990年代初頭にヘッジファンドでの経験を積みました。彼は、技術と金融の交差点において革新をもたらす機会を見出し、その後の起業家としての活動に繋がる重要な経験を積んでいきました。

ペイパルの創設

ティールは、1998年にペイパル(PayPal)の共同創設者として名を馳せました。ペイパルは、インターネットを介した安全で便利な電子決済サービスを提供する会社として急速に成長し、オンラインショッピングや国際送金の分野で革新をもたらしました。2002年、ペイパルはeBayに15億ドルで買収され、その際にティールと他の初期の幹部たちは大きな利益を得ました。この成功により、ペイパルの初期メンバーたちは「ペイパル・マフィア」と呼ばれるようになり、シリコンバレーの重要な投資家や起業家として知られるようになりました。

ちなみに「ペイパルマフィア」とは、ペイパルの創業者であるティールや初期メンバーたちが、その後にシリコンバレーで成功を収めたことから生まれたニックネームです。これらの人物はペイパルの成功に続いて多くの有名企業を創立・運営し、テクノロジー業界で大きな影響力を持つようになりました。

ティール以外の代表的な人物としては、イーロン・マスク、リードホフマン(Linkedin共同設立)、チャド・ハーリーやスティーブ・チェン(YouTube共同設立)など、その他にも錚々たるメンバーが名前を連ねています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。