小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

問題と課題の違いとは?おさえておきたいビジネスシーンにおける考え方

2024.06.21

問題と課題の違いについて、はっきりと理解できていない方は意外に多いのでしょうか。それぞれの定義や相違点を理解していないと、課題をうまく設定できず根本的な問題を解決できません。

今回は、問題と課題の違いについて詳しくご紹介します。

問題と課題の違いとは?

問題とは、研究・論議して解決すべき事柄のことです。これに対し、課題とは、解決するべき問題を指します。

問題は、現状と目標とするものの間にあるギャップを指し、現実に発生しているネガティブな事柄です。一方、課題はこのようなギャップを埋めるためにやるべきことであり、自分の意志が入ったポジティブな言葉で表されます。

ビジネスにおける問題と課題は、どちらも「解決しなければならない」という点で共通していますが、課題は問題を細かく分析し、解決に向けたものである点が異なります。

たとえば、「いつも書類を書き間違えるミスがある」という問題がある場合、問題は「書類のミスが多い」ことであり、分析の結果、「チェックをしていない」という原因がわかったら、課題は「チェックする体制を作る」となります。

参考:デジタル大辞泉

問題と課題の具体例

問題と課題の違いは、具体例をみることでよりわかりやすくなります。

ここでは、ビジネスの具体例を通して、問題と課題をみていきましょう。

業績の低迷

企業の業績が低迷している場合、問題はさまざまです。主に、次のような問題が考えられます。

【問題】

・売上が低下している

・営業力が弱い

これらの問題を解決するためには、問題が起きている原因を分析しなければなりません。「売上の低下」であれば、商品やサービスの質が低下している、販促活動が不足している、顧客へのアプローチが足りないといった原因が考えられます。

【課題】

このような分析結果に対して、改善のために考えるのが「課題」です。売上が低下している問題に対して分析した結果に対する課題は、次のとおりです。

・商品やサービスの質の低下→商品・サービスの改善、新商品の開発など

・販促活動の不足→効果的な販促活動を行う

・顧客へのアプローチ不足→顧客への接触機会を増やす

「営業力が弱い」という問題は、戦略が間違っている、人員が足りないといった原因が考えられます。

これらに対する課題は、次のとおりです。

・戦略が間違っている→戦略を立て直す

・人員が足りない→営業の人員を増やす

従業員のモチベーション低下

従業員のモチベーションが低下しているという事例では、次のような問題が考えられます。

【問題】

・労働環境が悪い

・評価に納得できない

このような問題が起きている背景には、残業が多い、待遇が悪い、評価制度の基準が曖昧といった原因が考えられます。

【課題】

改善のために検討すべき課題は、次のとおりです。

・残業が多い→働き方改革を推進する

・待遇が悪い→待遇を改善する

・評価制度の基準が曖昧→人事評価制度を見直す

納期の遅延

納期の遅延には、次のような問題があります。

【問題】

・システム開発や受注商品などの納期遅延

・プロジェクト・タスクの期限遅延

納期遅延の原因には、社員の体調不良やフォロー体制の不整備、スケジュール管理の不備などがあげられます。

【課題】

課題としてあげられるのは、次のとおりです。

・社員の体調不良→健康診断やストレスチェックを実施して社員の健康管理を行う

・フォロー体制の不備→遅れた業務をフォローする体制を作る

・スケジュール管理の不備→スケジュール管理の見直し・徹底

問題と課題を区別できない場合に起こることとは?

問題と課題の区別ができないと、次のような不都合が起こります。

・課題の設定ができない

・根本的問題を解決できない

詳しくみていきましょう。

■課題の設定ができない

問題と課題をうまく区別できない場合、それぞれを明確に把握できず、課題をうまく設定できません。問題をそのまま課題に設定してしまい、取り組みの範囲が不明確になることもあります。

たとえば、「特定の年齢層の知名度が低い」という問題がある場合、「特定の年齢層の知名度が低いことが課題である」としてしまうと、適切な対策ができません。対策を絞りこめず、効果が上がらないということになるでしょう。

対策のために投じた手間やコストが無駄になってしまいます。

■根本的問題を解決できない

問題と課題の区別ができない場合、問題の根本的な原因を把握できず、解決できないことになります。問題を解決する基本は、原因に対する対策・改善です。原因を見極められなければ、解消するための課題を特定しにくいでしょう。

たとえば、求人に応募が集まらないという問題があった場合、課題を特定せずにただ求人媒体を増やす施策を取り入れても、改善は期待できません。

問題の原因が求人の媒体にターゲットが少ないのであれば、ターゲットの多い媒体に変更するというように、適切な分析と課題の設定が必要です。

問題と課題の違いを理解するメリット

問題と課題の違いを理解し、明確に区別することで解決すべき優先順位がわかり、課題の精度も上がります。

ここでは、問題と課題の違いを理解するメリットを解説します。

優先的にやるべきことがわかる

問題と課題の違いを理解して区別することで、課題が絞りこまれ、何を優先すべきかがわかります。正確に区別できていれば、何が問題であるか、解決すべき課題が何かが明確になるためです。

解決すべき課題が明確になれば、どのような対策が必要であるかがわかり、具体的な施策を立てて実行できます。

優先度がわかることで、目標も設定しやすくなります。具体的な計画を立て、解決に向けてモチベーションも高まるでしょう。

課題の精度が上がる

問題と課題を正確に区別することで、課題の精度が上がります。問題を適切に分析して、適切な課題を導けるためです。

問題とは現状と目標との間にあるギャップのことで、その問題だけを明らかにしても、どこから手をつけ、どう解決してよいかわかりません。課題を正しく把握できなければ、対策の方向性もずれてしまいます。

問題を正しく理解することで、取り組むべき課題が明確に切り分けられ、具体的で効果的な対策の策定と実行につながります。

問題と課題の違いを理解しよう

問題とは現状と目標のギャップであり、解決されるべきネガティブな事柄のことです。これに対し、課題とは、問題を分析して得られた原因を解決するためにやるべきことを指します。

問題と課題を区別できなければ、問題を根本的に解決する施策を立てられません。両者の相違点を明確に理解して、ビジネス上の問題に取り組みましょう。

構成/須田 望

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。