小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2025年卒学生の約半数が「転勤」に否定的、私生活や生活環境を重視する傾向

2024.05.21

2025年卒の選考がもうすぐ本格的に始まる。今年の新卒の就職活動にはどのような傾向があるのだろうか。

就活サイト「ONE CAREER」を運営するワンキャリアは、2025年卒の学生向けに就活に関する調査を実施した。

安定志向よりも上昇志向の学生が多数!一方でワークライフバランスを重視する傾向も

「求める社風」に関する質問では、全体の約6割が「上昇志向に近い」「どちらかというと上昇志向に近い」と回答した。「働きやすさ」を重視する一方で、仕事を通じた成長も求めていることが明らかに。

「ジョブローテーション制についてどう感じるか」と尋ねたところ、「肯定的」が63.6%にのぼった。

また、「肯定的」と回答した理由については、「様々な領域を経験して自分の適性を見極めたい」「様々な業務を経験した方が自己成長につながる」といったコメントが見られ、業務を通じて自分に最適な職種や業務を見定めた上で、多様な経験を通じた成長を期待しているようだ。

「転勤についてどう感じているか」と尋ねたところ、「否定的」という回答が48.1%と全体の約半数を占める結果に。

「否定的」と回答した理由については「生活の方が仕事より大事」「ライフスタイルの変化がストレス」など、私生活を重視する価値観や、生活環境が変わることに対する嫌悪感を抱く声が上がっていた。

「不快な思いをしたインターン」に関する質問では、「つまらなかった」「面白くない」等、コンテンツ内容の不十分さを指摘する声が散見された。

中でも、「複数日程のプログラムであるにもかかわらず、参加者に全てが委ねられていた」等、社員がコンテンツに介在していない上にハードワークを課すようなものであると、企業への印象が低下することが判明。

「不快な思いをした面接」について尋ねたところ、「自分を理解しようとしてくれている姿勢を感じられなかった」「自分のガクチカ(学生時代に力を入れたこと)を否定された」等のコメントが挙げられていた。

いずれも発言内容のみならず、口調・表情等から受けた感想であるため、面接官の発言内容・口調・表情等には十分な配慮が必要であると考えられる。

■株式会社ワンキャリア キャリアアドバイザー 小林 直樹氏からのコメント

今回の調査では、2025年卒学生の「価値観」をレポートいたしました。調査結果の中で、「上昇志向」と「転勤に否定的」という傾向が見られました。

「不安定な世の中」が常態であるZ世代においては、「20代のうちにスキルを身につけるべく、仕事に注力したい」という、まさに上昇志向的な考えを持つ方が多いです。

そのための手段として、ジョブローテーションに肯定的な学生が多いのも、自分の適性を見極めるニーズが高いためであると言えるでしょう。

上昇志向を持つ一方で、「仕事に人生を振り回されたくない」という声もよく聞きます。「仕事は人生の一部分に過ぎない」という価値観を持つため、転勤等の変数を極力排除したいニーズは根強いようです。

調査概要
調査名:[25卒]就職活動に関するアンケート
調査期間:2024年2月17日~25日
調査機関(調査主体):株式会社ワンキャリア
調査対象:2025年卒の大学生
調査方法:インターネットを利用したアンケート調査
有効回答数:428
出典元:ワンキャリア調べ

関連情報
https://service.onecareercloud.jp/data/Investigationreport_202404

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。