小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

伝える上で重視すべきはわかりやすさ!玉川 徹さんが大切にしている「鏡餅理論」

2024.05.16

雑誌「DIME」で好評連載中の「玉川徹から働き盛りの君たちへ」は、人生100年時代を生きる30〜40代の〝働き盛りの世代〟が、定年後も楽しく働くための準備について、知ることができる記事だ。

テレビ朝日系・朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」のレギュラーコメンテーターである玉川徹さんが、定年まで働いてきた自身の視点をふまえ、いろいろな業界で「好き」を仕事にしている人たちにインタビューしながら、好きな仕事の見つけ方や、好きを仕事にするための具体的な方法などについて教えてくれる。

インタビューは玉川さんならではの切り口による質問、感想、コメントを挟みながら進められている。インタビューされる相手は、玉川さんに聞かれて初めて、全く思いつかなかった自身の考えに気づくようなシーンも多い。掘り起こし上手な玉川さんの取材にもとづいた、読み応えのある内容となっている。ぜひチェックしてもらいたい。

そんな連載の取材では、基本的には聞き役である玉川さんが、自身の経験をふまえた〝ビジネスに役立つヒント〟が語られることも。その中から、本誌連載と合わせて読むとより一層楽しめる、こぼれ話を紹介しよう。

「わかりやすい」「おもしろい」「意義がある」の〝鏡餅理論〟とは!?

連載の第1回では玉川さんが大事にしている〝鏡餅理論〟について言及。「わかりやすい」「おもしろい」「意義がある」という3つの要素のうち、誰が見ても理解できる「わかりやすい」が一番重要だと語る。鏡餅でいうところの〝下段の餅〟に当たり、不特定多数の視聴者に情報を届ける大前提とのことだ。

次に大事にしているのが「おもしろい」という要素。鏡餅でいうところの〝中段の餅〟に当たり、これがないと視聴者の興味関心を引くことができない。

最後に「意義がある」という要素は、鏡餅でいうところの〝てっぺんに置く小さなミカン〟のようなもの。番組内で取り上げる情報が、公共の電波で扱われるべきで、視聴者にとって知っておく必要があると感じさせる要素と言える。

玉川さんいわく、これらの順番は非常に大切で、例えば「意義がある」(=てっぺんに置く小さなミカン)という要素を一番大事に考える、または「おもしろい」(=中段の餅)を最優先にすると、バランスが崩れてしまうという。

土台となる「わかりやすい」が大前提となっていない結果「大事なことみたいだけど何を言いたいのかわからない」「番組の出演者やスタッフは笑っているけれど、何がおもしろいのか理解できない」という感覚に視聴者が陥ってしまい、チャンネルを回されてしまいかねない。

「(テレビ番組の制作に携わっている人が)みんな間違ってしまいがちなのは『意義がある』(=てっぺんに置く小さなミカン)をやたら大きくしちゃうんですよ。『これは意義がある』『このニュースはやるべきだ』みたいな感じで。小さなミカンではなく大きなボンタンになってしまったら、もうそれは鏡餅ではないし、餅の上から落ちてしまいます。だから、この順番は大事なんです」(玉川さん)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。