小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パナソニックグループのサブスク型ファミリーコンシェルジュサービス「Yohanaメンバーシップ」がエリアを全国に拡大

2024.05.16

パナソニック ホールディングス100%出資のYohanaは、2024年6月12日より、ファミリーコンシェルジュサービス「Yohanaメンバーシップ」の提供エリアを全国47都道府県に拡大すると発表した。

忙しい家族のくらしをサポートするサブスクリプション型サービス

「Yohanaメンバーシップ」は、忙しい家族が、家族全員の幸せを最優先して、お互いと向き合う時間を大切にできるよう支援するウェルビーング企業として設立されたYohanaのプロダクト第一弾。忙しい家族の暮らしをサポートするサブスクリプション型のサービスだ。

その内容は、Yohanaメンバー(ユーザー)がアプリを通じてくらしのTo-do(タスク)を依頼すると、Yohanaチーム(実在する人間)が、要望を細やかに聞きながら解決に向けてサポートを行なうというもの。

例えば、毎日の献立と買い物リストの作成、食材手配、子どもの習いごと探し、週末のお出かけから旅行の手配、予約やカレンダー入力など、幅広いTo-doに対応し、解決に向けたリサーチ・提案、予約・手配までをワンストップでサポートする点が特徴だ。

この事業は2021年9月に米・シアトルで提供が開始され、2022年10月に全米50州およびコロンビア特別区(ワシントンD.C.)に拡大。日本国内では、2022年9月に神奈川県よりスタートして、現在、一都三県でサービスを提供している。

サービス開始よりこれまで日米累計で1万世帯以上の家族をサポートしており、30~40代の子育て世帯を中心に、単身者やシニア層を含め幅広い層が利用している。

日本で実施したユーザー調査によれば、入会理由として、「時間を削減するため(85%)」が最も多く、次いで「自分のTo-doリストを片付けるため(63%)」「家の中を整理整頓し、家事をうまく回すため(33%)」が多く上がった。

また、Yohanaを利用してどの程度時間が削減されたかの問いに対して、「1か月平均約13時間」との回答を得ている。さらに、67%がその削減された時間を家族と充実した時間を過ごすために使っているという。

「Yohanaメンバーシップ」サービスの概要

サービス名/Yohanaメンバーシップ

サブスクリプション定価料金/月額1万円(税込)

料金に含まれるもの/
・依頼されたTo-doに関するリサーチと提案(頼めるTo-do数は無制限※)
・依頼されたTo-doに関する予約・手配※
・Yohanaガイドと相談できるオンラインコール
※ Yohanaチームが受ける相談や依頼の件数や内容、Yohanaチームの稼働状況などによっては、To-doの依頼を待つ場合や対応に時間がかかる場合があります。予約・手配については一部対応できない場合もあります。

日本におけるサービス提供地域/
・2024年5月14日現在:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
・2024年6月12日以降:47都道府県

■メンバーを支えるYohanaのチーム

<Yohanaガイド>
メンバーの理想のくらしを実現するために長期的にサポートするパートナー。定期的なオンラインコールを通じて、Yohanaの使い方提案や、タスクの棚卸し、やりたいことの整理などをサポートする。

<Yohanaスペシャリスト>
日常的なやるべきことから、特別な日の準備まで、リクエストされたTo-doをアプリを通じてサポート。

<Yohanaネットワーク>
くらしを支える各業界の企業と提携し、実行までサポート。家事代行や住まいに関するYohana独自のサービス「Yohanaプライムプロ」も提供される(※ )。
※ Yohanaプライムプロの提供エリアは一都三県のみ。

■メンバーからの依頼が多いカテゴリー

<創業者 兼 CEOについて>

パナソニック ホールディングス株式会社 執行役員 PanasonicWELL本部長
Yohana創業者 兼 CEO ヨーキー松岡(松岡 陽子)氏

東京生まれ。幼少からテニスに打ち込み、中学卒業後に渡米。UC Berkeley(カリフォルニア大学バークレー校)を卒業後、MIT(マサチューセッツ工科大学)にて電気工学とコンピュータサイエンスを専攻し博⼠課程修了(理学)。ハーバード大学の博士研究員を経て、カーネギーメロン大学助教授、ワシントン大学准教授として、人体・脳のリハビリを促すロボット機器の開発に携わる。ロボット工学と神経科学における研究成果が認められ、天才賞と呼ばれるマッカーサー賞を受賞。賞金を元手に、身体面および学習面の課題を抱える子どもたちのために、ヨーキーワークス財団を設立。2009年末、共同創業者としてGoogle Xを設立。ガレージベンチャーだったNestに参画し、2014年、Googleに売却。QuanttusのCEO、Appleの副社長、Google NestのCTO、Googleの副社長などシリコンバレーにおける要職を歴任。2019年10月、パナソニック株式会社(現パナソニック ホールディングス株式会社)へ入社。2020年にYohanaを設立。

関連情報
https://www.yohana.jp/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。