小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3年で7万円超の値上げ!それでも日本の新型「iPad Pro」販売価格は世界39の国と地域の中で6番目に安い理由

2024.05.13

iPhoneなどアップル製品の世界的な価格比較や、中古iPhone・中古iPadの価格比較をサイトで公開しているNukeniでは、11インチ iPad Pro第5世代 (M4)の発売価格を各国アップルストア(オンライン)で調査。結果を図表とグラフにまとめて発表した。

香港 Tsim Sha TsuiのAppleストア

日本の販売価格は世界で6番目に安い

調査の結果、日本の価格の16万8800円は、世界で6番目に安いことがわかった。11インチ iPad Pro 第5世代全体で見ると、日本は6~9番目に安いものの、前世代では4~6番目に位置していたため、わずかに順位が後退している。

最も安い国はアメリカの消費税非課税地域の15万4589円で、日本よりも約1万4千円程安くなっている。最も高い国はブラジルの37万5278円で、日本の倍以上の価格で発売される予定だ。

■日本は世界で3番目に高い値上率

第5世代と、前世代である第4世代の開始価格を比較すると、日本では35%価格が上昇した。

ただし、基準国であるアメリカでも25%価格が上昇しているため、この開始価格の大幅な上昇は円安というよりも、最低ストレージ容量が128GBから256GBに引き上げられた影響が大きいと考えられる。

124%もの値上率を記録したトルコは、長年にわたる自国通貨の下落により、アップル製品の大幅な値上げが続いている。

■日本の11インチ iPad Proは3年で7万円以上価格が上昇

過去3年に発売された11インチ iPad Pro各世代の開始価格を比較すると、日本では7万4千円価格が上昇。本国アメリカでは200ドル(約3万円)の価格上昇となっており、アメリカの倍以上、日本の価格が上昇していることがわかる。

アップル製品の主な価格変動要因は為替と税ですが、日本においてこれらの製品に課された税率が同じであることから、円安が大きな価格上昇を生み出した原因と言えるだろう。

調査概要
調査機関/自社調べ
調査対象モデル/11インチ iPad Pro 第5世代 256GBモデル
調査対象地域/アップルがオンラインで直販を行なっているすべての国。計39の国と地域
調査方法/オンラインの各国アップルストアで価格を取得、当日の為替レートで日本円に変換
調査日/2024年5月8日
引用/Nukeni調べ

関連情報
https://www.nukeni.com

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。