小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

シェイク以外にもあった!iPhoneで消した文字を戻す方法

2024.05.10

iPhoneには、本体を〝シェイク〟することで、直前の操作を取り消す機能が搭載されています。デフォルトでオンになっている機能なので、意図せずにiPhone本体を振り、「取り消す」と通知がでた経験がある人もいるでしょう。

便利な機能ではありますが、iPhone本体を振るのに少し抵抗がある人や、精度があまり高くないと感じている人は、別の方法を試してみるのがおすすめ。本記事では、iPhoneで直前の操作を取り消す方法をいくつか紹介していきます。

iPhoneで消した文字を戻す方法

では、消した文字を元に戻すなど、iPhoneの操作を1つ前に戻す方法をいくつか紹介していきましょう。

なお、今回はiOS 17を搭載したiPhoneにて、テストを行っています。

まずはシェイクで消した文字を戻す方法をチェック

まずはiPhoneで1つ前の操作を取り消せる、シェイクについて。設定アプリの「アクセシビリティ」>「タッチ」から確認できる、「シェイクで取り消し」がオンになっていれば、本機能が利用できます。

あとは、操作を取り消したい場面でiPhone本体をシェイクすればOK。メモアプリで試したところ、入力した文字が取り消されました。

また、取り消した後に再度iPhoneをシェイクすると、「やり直す」という項目が表示され、〝取り消しを取り消す〟ことができます。

背面タップにシェイク機能を割り当てる

iPhone本体をシェイクするのが不安、面倒という人におすすめなのが、iPhone 8以降、iOS 14以降の端末で利用できる「背面タップ」機能です。

設定アプリで「アクセシビリティ」>「タッチ」>「背面タップ」の順に進み、ダブルタップ、もしくはトリプルタップの項目を「シェイク」に設定します。

これで、「背面タップ時、シェイクの動作を行う」という設定になるため、直前の操作を取り消すことができるようになります。

3本指でのタッチでも取り消し、やり直しが可能

意外と知られていないであろう、iOS 13以降を搭載したiPhoneの機能に、3本指でのタッチというものがあります。

文字の入力中や画像の挿入後、3本指を画面に置き、左にスワイプすると、直前の操作を取り消せます。逆に3本指を右にスワイプすると、取り消した画面をもう一度表示することができます。

また、3本指で画面を一度タップすると、上部にメニューが表示されます。左端の矢印が取り消し、右端の矢印がやり直しとなっているので、こちらを使用してもよいでしょう。

【参照】iPhone・iPadの便利なジェスチャー機能とは?3本指や3D Touch操作でできることなど紹介

「AssistiveTouch」機能を使う

iPhoneには、画面上に仮想ボタンを配置し、さまざまなコントロールができる「AssistiveTouch」という機能が利用できます。ここにシェイクを配置することで、いつでも取り消し操作ができるようになります。

設定アプリの「アクセシビリティ」>「タッチ」「AssistiveTouch」の順に進み、AssistiveTouchにチェックを付けます。

続いて「最上位メニューをカスタマイズ」をタップし、任意の項目を「シェイク」に変更しましょう。

これで、ホーム画面に仮想ボタンが表示され、いつでもシェイク(取り消し操作)が行えるようになります。

【参照】iPhone、iPad、iPod touch で AssistiveTouch を使う

こちらもチェック!

機種変しても迷わない!ホームボタンがないiPhone X以降の機種の基本的な操作方法

ホームボタンの有無で微妙に異なるiPhoneのマルチタスク機能の使い方

入力履歴、位置情報など5つのオプションから選べる!iPhoneのリセット機能の正しい使い方

※データは2024年5月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。