小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

20~30代の会社員で出世したい人、管理職になりたい人はどれくらいいるのか?

2024.05.07

正社員として努力を重ねれば見えてくる出世や管理職への道。かつては誰もがそこを目指していた。しかし仕事への価値観や働き方が多様化した今の時代において、20~30代就業者の何割程度が、出世や管理職になることを望んでいるのだろうか?

パーソル総合研究所はこのほど、あらゆる雇用形態・業職種の10,000人を対象に毎年実施している、「働く1万人の就業・成長定点調査」の2024年度版の調査結果を発表した。

2017年に調査を開始して今回で8年目となる本調査。ここでは、今回の調査の中でも特に変化がみられた20~30代就業者の『出世意向』『管理職意向』『働き続けたいと思う年齢』についての経年変化を抜粋して紹介する。

1.20代~30代の出世意向が減少

正社員の出世意向の変化を5歳ごとの年代別にみると、2017年と2024年比較では、20代~30代の「出世したい」の割合が減少。「出世したいと思わない」が「出世したい」を上回る分岐点の年齢は、2017年の42.5歳から、2024年の25.7歳にまで低下。このような出世意向の減少は、ここ数年の変化だ。

男女別にみると、男性正社員のみで20代~30代の出世意向が低下している。女性正社員ではほとんど変化がない。

2.男性の20代・30代正社員の管理職意向も減少

男性の20代・30代正社員の管理職意向の変化をみると、聴取を開始した2018年から2024年にかけて、「管理職になりたい」割合が減少。20代は8.2pt、30代は8.9pt減少した。一方で、女性の20代・30代正社員の管理職意向は横ばいで推移。

3.20代・30代就業者の働き続けたい年齢が低下

20代・30代就業者の就業終了希望年齢(働き続けたいと思う年齢)の変化をみると、2017年から2024年にかけて、20代で-3.7歳、30代で-3.1歳短くなっている。他の年代ではこのような就業終了希望年齢の低下はみられない。特に、20代では「50歳まで」が23.7%から31.7%まで増加。30代では「55歳まで」が18.8%から26.2%に増加。

20代就業者の就業終了希望年齢(働き続けたいと思う年齢)の変化を男女別にみると、2017年から2024年にかけて、特に男性で平均-5.8歳若くなり、「50歳まで」が13.7%から29.1%まで増加。一方で、女性では大きな変化がない。20代男性就業者の早期リタイア意向が上昇し、女性との差がなくなってきていることがわかる。

30代就業者の就業終了希望年齢(働き続けたいと思う年齢)の変化を男女別にみると、2017年と2024年を比較すると、特に男性で平均-4.2歳若くなり、「55歳まで」が14.3%から28.1%まで増加。一方で、女性ではほとんど変化がない。30代男性就業者の早期リタイア意向が上昇し、女性との差がなくなってきていることがわかる。

出典:パーソル総合研究所

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。