小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今、組織で求められている「サーバント・リーダーシップ」とは何か

2024.07.09

サーバント・リーダーシップは、リーダーが自らを奉仕者として位置づけたうえで、組織内の個々の成長と目標達成を支援するリーダーシップスタイルである。

この記事では、サーバント・リーダーシップの核となる三つのポイント「聞く力」「エンパワーメント」、そして「共感と認識」に焦点を当てて解説する。

リーダーがこれらの資質を身につけることにより、チームはより一層の協力とイノベーションを促進し、組織全体としての成果向上に寄与することが可能となる。

サーバント・リーダーシップとは

サーバント・リーダーシップ(Servant Leadership)とは、リーダーが奉仕者(サーバント)として自らを位置づけ、チームや組織のメンバーの成長と福祉を最優先に考えるリーダーシップスタイルである。この概念は、「支援型リーダーシップ」とも呼ばれ、メンバーのニーズに応え、彼らが自己の潜在能力を最大限に発揮できるよう支援することに焦点を当てている。

サーバント・リーダーシップの典型的な例としては、従業員の意見を尊重し、彼らの提案を業務改善に活かす経営者が挙げられる。たとえば、あるIT企業のCEOは定期的に開かれるチームミーティングで、すべての従業員が自由に意見を交換する環境を整えている。この取り組みにより、革新的なアイデアが生まれ、プロジェクトの成功に大きく寄与している。

また、非営利団体のリーダーが地域社会のニーズに応えるために特定のプログラムを開発するケースもサーバント・リーダーシップの一例である。地域社会の持続的な発展と改善に貢献することで、より大きな社会的影響を生み出している。

教育機関においても、校長や教師がサーバント・リーダーシップを実践することがある。彼らは学生や教職員の意見を重視し、教育プログラムや校風の向上に努めている。これにより、学生たちは自己実現に向けたサポートを受けながら、教育過程において主体的な役割を果たすことができる。

このようにサーバント・リーダーシップは、リーダーが自己の利益や地位を追求するのではなく、他者の成長と成功を支援することで組織全体の向上を目指す手法であり、従業員や関係者が共通の目標に向かって協力しやすい環境を作り出している。このアプローチにより、創造性と革新性が促進され、組織の継続的な発展に寄与する結果を生み出しているのだ。

サーバント・リーダーシップの考え方

サーバント・リーダーシップとは、リーダーが奉仕者としての役割を自ら担い、組織やチームメンバーの成長を支えるリーダーシップスタイルである。以下に、このリーダーシップスタイルの中核となる三つのポイントを挙げる。

■サーバント・リーダーシップのポイント1:聞く力

サーバント・リーダーにとって、聞く力は必須のスキルである。リーダーはチームメンバーの意見や懸念を真剣に聞き入れ、彼らが表現したい内容を正確に理解する努力を怠らない。これにより、チームメンバーは自身の意見が組織にとって価値があると感じ、組織全体の意思決定プロセスにおいて彼らの声が反映されることを確信する。リーダーの聞く力は現場の情報を吸い上げることができ、現場の状況を踏まえた指示、マネジメントをできることから、以下に示す「エンパワーメント」や「共感と認識」を発揮する土台となる。

■サーバント・リーダーシップのポイント2:エンパワーメント

サーバント・リーダーシップのもう一つの重要な側面は、エンパワーメントである。リーダーはチームメンバー一人ひとりが自己決定を行い、自己実現を果たすことを積極的に支援する。一般的な文脈で言えばモチベーション、または内発的動機づけと言い換えることもできる。エンパワーメントにより、メンバーは自身のスキルと能力を向上させる機会を持ち、これが組織の革新と効率の向上に寄与する。

■サーバント・リーダーシップのポイント3:共感と認識

共感は、サーバント・リーダーが持つべき核心的な資質である。リーダーはチームメンバーの感情や動機を深く理解し、彼らの立場に立って考える。この共感的な姿勢により、リーダーはメンバーが直面する課題に対して適切な支援を提供できるようになる。また、個々のニーズや期待を正確に把握することで、より効果的なフィードバックを提供し、個人の成長を促進する。また、共感できるリーダーの姿は組織に「心理的安全性」を生み出し、より創造的、かつ、自発的な姿勢を組織に作り出すことが可能。チームメンバーは高いモチベーションと組織的な成果を両立することができる。

まとめ

サーバント・リーダーシップは、リーダーが自己の利益を追求するのではなく、他者への奉仕を通じて組織全体の目標達成を目指すスタイルである。リーダーが示す奉仕の精神は、組織文化に浸透し、組織内の各メンバーが高いモチベーションを保ちながら仕事に取り組むことを可能にする。このようなリーダーシップスタイルは、多様で変化の激しい現代のビジネス環境において、特に効果的であると言えるだろう。

文/諏訪光(すわひかる)
大手ネット系企業にて10数年に渡りプログラマー〜プロダクトマネージャーまでを幅広く経験。新規事業から企業再生に至るまで様々な案件の開発に携わる。大企業のDX推進者や起業経験を経て現在はフリーランスの新規事業、DX、デジタルマーケのコンサル等を行う。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。