小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhoneのアラームを無音にしてバイブのみに設定する方法

2024.05.17

iPhoneのアラーム機能は、目覚ましとして使うだけでなく、作業の終了時刻の通知や外出時間のお知らせなど様々な時に使える便利な機能である。

しかし、iPhoneのアラーム機能は、マナーモードにしている時やイヤホンを使用している時でも通常はiPhone本体のスピーカーから音が鳴ってしまう。

そのため、困った経験がある人もいるのではないだろうか。

そこで本記事では、iPhoneのアラーム機能を「音なし」「バイブレーションのみ」で使う方法について解説する。

iPhoneのアラーム機能を「音なし」「バイブレーションのみ」に設定する方法

アラーム機能を「音なし」の「バイブレーションのみ」に設定する手順を解説する。

①「時計」アプリをタップして開く

時計アイコン

②下部にある「アラーム」を選択する

③右上の「+」をタップするか、既存のアラームの時間をタップする

アラームボタン

④「サウンド」をタップ

アラームのサウンド

⑤「触感」をタップ

アラーム触感

⑥[標準]の中から好みの振動パターンを選択し(ここでは「クイック」を選択)、左上の「サウンド」をタップして戻る

 標準 クイック

⑦「サウンド」に戻ったら、下までスクロールして「なし」をタップして左上の「戻る」をタップ

サウンド なし 選択

⑧戻った画面で「保存」をタップ

アラーム 保存

※指定した時間のアラームがオンになっていれば設定完了

iPhoneのアラーム機能をバイブのみにするとき注意すること

iPhoneのアラーム機能を「音なし」「バイブレーションのみ」に設定して、セットした時間に、アラームは動作しているのにバイブレーションがない場合がある。

その場合は、サイレントモード(消音モード)のバイブレーション設定がオフになっているかもしれないため、確認しよう。

確認方法は以下の通り。

①「設定」アプリをタップして開き、「サウンドと触覚」を開く

サウンドと触感

②「触感」をタップ

触感

③[着信音と通知音の触感]から「常に再生」を選択

常に再生

iPhoneのアラーム機能に使用するバイブレーションの振動パターンを変更する方法

iPhoneのアラーム機能に使用するバイブレーションの振動パターンはアラームの設定時間ごとに変更することができる。

またオリジナルの振動パターンを作成することも可能だ。

ここでは、以下の2つについて解説する。

  1. アラームの設定時間ごとにバイブレーションの振動パターンを変更する方法
  2. オリジナルの振動パターンを作成する方法

1.アラームの設定時間ごとにバイブレーションの振動パターンを変更する方法

①「時計」アプリをタップして開く

時計アイコン

②下部にある「アラーム」を選択する

③右上の「+」をタップするか、既存のアラームの時間をタップする

アラームボタン

④「サウンド」をタップ

アラームのサウンド

⑤「触感」をタップ

アラームの触感

⑥[標準]の中から好みの振動パターンを選択し(ここでは「スタッカート」を選択)、左上の「サウンド」をタップして戻る

スタッカート

⑦「サウンド」に戻ったら、下までスクロールして「なし」をタップして左上の「戻る」をタップ

サウンド なし

⑧戻った画面で「保存」をタップ

アラーム 保存

⑨次に上記③に戻って次にアラームを設定したい時間を選択し、⑥で先程とは違うバイブレーションの振動パターンを選択し、⑧まで続ける

※以上のように、アラームの設定時間ごとにバイブレーションの振動パターンを変更する方法は目覚ましの時などに活用できる。

例えば、3分おきにだんだん早い振動パターンに設定すると、目覚めやすくなるため、お試しいただきたい。

2.オリジナルの振動パターンを作成する方法

オリジナルの振動パターンも簡単に作れるので紹介しよう。

①「時計」アプリをタップして開く

時計アイコン

②下部にある「アラーム」を選択する

③右上の「+」をタップするか、既存のアラームの時間をタップする

アラームボタン

④「サウンド」をタップ

アラームサウンド

⑤「触感」をタップ

アラーム触感

⑥「新規バイブレーション作成」をタップ

新規バイブレーションを作成

⑦「バイブレーションパターンを作成するにはタップします」と表示されたら、自分の好きなパターンで画像をタップする

新規バイブレーション作成タップ

⑧バイブレーションを作成したら「保存」をタップ

バイブレーション 保存

⑨作成したバイブレーションに名前を記入し「保存」をタップ

新規バイブレーション名

※オリジナルで振動パターンを作成することで、バイブ通知が差別化され、何の通知か分かりやすくなる。

まとめ

電車の中で寝過ごさないようにしたり、会社で会議の始まる時間を知らせたりするときはiPhoneのアラーム機能をバイブレーションにすることで、人がいる場所でも周りに迷惑を掛けず、便利である。

振動パターンもアラームごとに変更したり、オリジナルで作成することも可能なため、ビジネスシーンや日常生活でもiPhoneのアラーム機能を効果的に使用していただきたい。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。