小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

結婚に向いてないというのは本当か?ひとりが好きな人の特徴と心理

2024.05.03

「ひとりが好き」なのはおかしいのかな? と思うことがあるかもしれませんが、ひとりが好きな人はひとりの時間を心から楽しんでいます。

そこで今回は、ひとり時間を持つことのメリットにも触れながら、ひとりが好きな人の特徴や心理を紹介します。ひとりが好きな人は結婚に向いていないのか? についても解説していきますので、ぜひチェックしてみてください。

ひとりが好きな人の特徴とは?

まず、ひとりが好きな人の特徴をみていきましょう。自分に当てはまるかぜひチェックしてみてくださいね。

1.小規模な集まりや1対1での関係を好む

ひとりが好きな人は、大勢の集まりは避け、小規模な集まりや1対1での関係を好む傾向があります。無理に多くの人と関わろうとはせず、信頼できる少数の人と深い関係を築いていくことを大切にしているのです。

2.単独で楽しめる趣味を持っている

ひとりが好きな人は、単独で楽しめる趣味をたくさん持っていることも特徴です。そのため、話題の引き出しも多い傾向があるでしょう。趣味に打ち込む時間を大切にしており、多くの時間を費やします。

3.自分と向き合う時間を大切にする

ひとりが好きな人は、自分の内面と向き合う時間を大切にしている傾向があります。自分の感情や考えを整理しながら、じっくりと悩みや問題に対処します。学ぶことも好きで、ひとりの時間に独学で何かを勉強をすることも多いです。

4.ひとりの時間で充電する

ひとりが好きな人は、ひとりの時間でエネルギーを充電するのも特徴です。誰かと一緒に過ごす楽しさもありますが、ひとり静かな環境で、マイペースに過ごすことで心が安らぎ、気持ちが落ち着くのです。

5.オン・オフがはっきりしている

ひとりが好きな人は、オン・オフがはっきりしていて、仕事とプライベートを分ける傾向があります。そのため、仕事の時の顔と、プライベートの時の顔が違うことも多いです。オフの時は、気を使わずに自分の好きなことをしたいと思っているのです。

ひとりが好きな人の心理とは?

ひとりが好きな人の心理にはどういったものがあるのでしょうか? 主なものを紹介します。

1.自由が好き

ひとりが好きな人は、自由であることをとても大切にしています。自分で決めて自由に動きたい気持ちが強いので、他人からの束縛や干渉は特に嫌う傾向があります。

2.自分のペースで動きたい

ひとりが好きな人は、やりたいことが明確なため、自分のペースで効率的に動きたい気持ちが強い傾向です。誰かと一緒だと、どうしても人に合わせる必要が出てくるので、ひとりの方が楽だと考えるのです。

3.自立心が強い 

ひとりが好きな人は、自立心が強い傾向があります。他人に左右されることなく、自分で考えて行動していく力を持っています。そのため、自分の計画しているペースで進めていくことに幸せを感じるのです。

4.周りに気を使う

ひとりが好きな人は、周りに気を使って合わせようとすることも多いです。自分よりも相手を優先するため、人と一緒にいると自分のことができなくなり、気疲れしてしまうこともあるようです。

5.孤独が苦にならない

ひとりが好きな人は、孤独が苦にならず、ひとりでいても寂しいと感じることはありません。やりたいことがはっきりしていて、趣味をたくさん持っているので、むしろ、ひとりの時間を思いっきり楽しめるです。

ひとりの時間を持つことのメリット

ひとりの時間を持つことには、どんなメリットがあるのでしょうか? 見ていきましょう。

1.リフレッシュできる

ひとりの時間を持つと、日々のストレスから解放されてリフレッシュできるのが大きなメリットです。精神的にリラックスすることで、安心感を抱きながら過ごすことができるのです。

2.創造性がアップする

ひとり時間を持つことで集中力が増し、創造性がアップします。さまざまな創作活動には、自由に考えて実験ができる静かな環境が必要です。ひとり時間によって、新しいアイデアが閃くことも多いでしょう。

3.自分と向き合える

ひとり時間を持つことで、自分と深く向き合えることもメリットの一つです。内面との対話を重ねることで、自己理解が深まり、自分で考え判断する力も養われます。

ひとりが好きな人は、本当に結婚には向いてない? 

ひとりが好きだと、結婚には向いてないのでしょうか? ひとりが好きな人が結婚でうまくいくために、気をつけると良いポイントを紹介します。

結婚したら、ひとりの時間が持てなくなると思うかもしれませんが、そんなことはありません。ひとりの時間を大切にしつつ、ふたりの時間も同じように大切にして深い繋がりを築いていくことができれば、結婚生活は十分にうまくいく可能性があります。

ひとりが好きな人のパートナーになる人は、同じように自立していて、ひとりの時間を持つことを尊重し、自由にしてくれる相手が良いでしょう。

大切なのは、お互いの価値観を尊重し合えること、そして、話し合いをしながらふたりのベストな形をすり合わせしていくことです。どちらかが我慢をするような生活ではうまくいきませんので、お互いの気持ちをたくさんシェアしていくことが、うまくいくためのポイントです。

自分に素直に過ごそう

誰かと一緒に過ごす楽しみもありますが、ひとりの時間は、ストレスから解放されてリフレッシュできる他、自分に深く向き合える価値ある時間です。ひとりの時間を充実させることで、内面的な成長にも繋がっていくでしょう。自己成長の機会だと捉えて、自分の気持ちに素直に過ごしていきたいですね。

文/高見 綾
心理カウンセラー|“質上げ女子”のお悩み相談。カウンセラー養成コースで豊富な臨床経験を積み、心の世界で学んだことを現実に活かすアプローチに高い評価をいただく。相談数3千超。著書は『ゆずらない力』(すばる舎)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。