小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2025年にApple社サービス部⾨の売上が1000億ドルを超える可能性

2024.04.28

TMT(テクノロジー・メディア・通信)業界に特化した国際的な調査会社であるカウンターポイント・リサーチ・エイチ・ケー(以下カウンターポイント社)から、2025年Apple社サービス部門売上シェアの予測に関するプレスリリースが発表された。

 

2024年は売上が4000億⽶ドルを初めて突破する可能性

本稿では、2025年はApple社サービス部⾨の売り上げが全体の1/4を占め、金額ベースで1000億⽶ドルを初めて超える可能性があるという予測を含む、その概要をお伝えする。

またカウンターポイント社によれば、Apple 社はハードウェアとサービスの成⻑を受け、2024年には総合売り上げが4000億⽶ドルを初めて突破する可能性があるという。

<図:アップル社カテゴリー別売上シェア>

⽶国と欧州でApple 社が直⾯する法規制の問題に関して、カウンターポイント社リサーチディレクターJeff Fieldhack⽒は次のようにコメントしている。

「確かにリスクだが、何かを語るには時期尚早だ。少なくともここしばらくの間は、既存のiPhone のインストールベースによるサービス売上への影響にはインパクトはないだろう。

⼀⽅、AI 戦略に関しては、これまでApple 社はあまり語らなかったが、6 ⽉10 ⽇のWWDC (WorldwideDevelopers Conference)に関する発表を⽕曜⽇に⾏った際、⼤きなヒントがあった。これが、Appleのマーケティング戦術だ。WWDCで何か特別なアナウンスがあったとしても驚かない」

Apple のインストールベースは増え続け、今や20億台を超えている。これがフライホイールの役割を果たして、同社のサービスビジネスの成⻑に繋がっている。

Apple Storeに始まり、Apple Care+やApple Music、それにサービスをまとめたApple Oneサブスクリプションまで全てが繋がり、端末インストールベースの成⻑と相まって、Appleは変曲点を迎えている。

■⾼価格帯機種指向のトレンドと新興国市場の成⻑がAppleのiPhone ビジネスの追い⾵に

2023年に登場したApple Oneは、Appleのサービス売上に最も貢献する存在になる可能性がある。ソフトウェアとハードウェアを密に統合し、端末のソフトからサービスに⾄るまで⼀貫したユーザー体験を消費者に提供できており、そして、その対象は⾼価格帯機種ユーザーをターゲットとしている。このことがAppleの競争優位を源泉となっている。

⼀⽅iPhone は、今後もApple の売上の半分を占め、Apple のエコシステムにおける中核であり続ける可能性があると考えられる。

⾼価格帯機種指向のトレンドと新興国市場の成⻑が、AppleのiPhone ビジネスの追い⾵となり、特に後者が、年初に⾒られた中国での台数減の影響を相殺すると考えられる。

新興国市場におけるiPhone の成⻑は、Appleの他の製品の将来の成⻑にも繋がる。その要因は、新興国の多くの消費者が、iPhoneを通じてiOSのエコシステムに加わることにある。

iPhoneに依存すればするほど、Appleの他の製品を使う時間も⻑くなるサイクルが⽣まれる。

調査概要
今回の発表は、チャネル情報、POSデータ、ディストリビューターアンケート調査、公開データなどボトムアップデータソースとトップダウンリサーチの組み合わせによるカウンターポイント社独⾃の調査⽅法で実施された。
調査時期/2024年1⽉1⽇〜2025年12⽉31⽇・市場予測含む。

関連情報(英語)
https://www.counterpointresearch.com/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。