小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

社会人1年目のZ世代に聞いた初任給の使い道

2024.04.26

資産形成は早いうちに始めるに越したことはない。では、社会に出たばかりのZ世代のビジネスパーソンのうち、何割程度が既に投資や貯蓄を行っているのだろうか?

ネット不動産投資サービスブランド「RENOSY」はこのほど、2024年4月に新社会人となった「社会人1年目」、2023年4月に社会人となり働き始めて1年を迎えた「社会人2年目」の18〜29歳の男女1,821名に対し、「初任給と投資に関する新社会人の意識調査」を実施し、その結果を発表した。

(1)初任給の使い道、社会人1年目と2年目では「投資」に差が出る結果に。背景には「初任給を投資に使っておけば良かった」という思い

社会人になって初めて受け取る「初任給」に関し、社会人1年目に「これから、どう使いたい」のか、社会人2年目には「結局、どう使った」のか、および「もし、やり直せるなら」どう使うのか、使い道を100%の割合となるよう数値回答してもらった。項目ごとに平均値を算出したところ、

・生活費は、社会人1年目の希望も、社会人2年目の実態も約4割使いたい(使った)
・プレゼント代に2割〜3割を使いたい(使った)。その内訳は自分よりも家族などへ使う割合が多い

という傾向がみられた。

その中でも、社会人1年目の「これから、どう使いたい」、社会人2年目の「もし、やり直せるなら」どう使うのかを比較すると、貯蓄には4.6%(社会人1年目:21.7%/社会人2年目:26.3%)・投資には7.5%(社会人1年目:5.5%/社会人2年目:13.0%)の開きがあることがわかった。特に投資は他の項目と比較して最も大きな開きがあり、数値も倍増していることから、社会人2年目が1年目を振り返り、「初任給を投資に使っておけば良かった」と感じていることがうかがえる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。