小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

部下のムダ話を注意しすぎるとリスクにつながる理由

2024.06.19

入社した時にはやる気でみなぎっていた人が、徐々にやる気をなくしていく……。それは、リーダーや周囲の些細な言動が原因かもしれません。

社員のモチベーションが低下する職場風土の改善には、実は「関係密度」がカギになるのだそう。この「関係密度」とは何なのか、そして高めるポイントとは?

700を超える企業の職場風土改善に関わってきた中村英泰さんの著書『社員がやる気をなくす瞬間 間違いだらけの職場づくり』から一部を抜粋・編集し、〝社員のやる気を奪う間違った職場づくり〟を打破するヒントを紹介します。

「それではダメだ」と社員を押さえつけていないか

毎年春にスイスのダボスで開催される世界経済フォーラム、通称ダボス会議には世界を代表する政治家や実業家たちが招かれ、世界経済や環境面での課題の解決に向けた議論を交わします。

その会議には年ごとにテーマがあるのですが、2021年はグレートリセット、2022年はターニングポイントでした。

日本においても、今、まさにターニングポイントを迎えています。

長らく続いた工業社会が過ぎ、情報社会を迎え、さらに今後は創造社会という、人を中心とした持続可能な社会の到来が予想されています。

さらには、急激な人口減少を迎えるなかで、より多くの成果(生活の糧とキャリアの糧)を労働者が職場を通じて生み出していく必要があります。

それが、働く時間を増やすのではなく、働く時間の密度を増やしていく「働き方改革」です。

これからは、限られた時間のなかで、個人の有する心技体をいかに注ぎ込めるのかがカギになります。

さらに、1人ではなく、職場のほかの社員とハイブリッドにつながりあい、その総和をどのように増やしていくかを考えることが大切です。

そのためには、労働に投じる総時間は同じでも、より多くの成果(生活の糧とキャリアの糧)を見出し、生み出せることに喜びを感じられる状態に、職場を大きく転換していかなければなりません。

同時に、仕事のなかの作業という領域に関しては、人の手から放して、どんどんテクノロジーにゆだねていくべきでしょう。

8時間かかっていた仕事を5時間でこなせるようになれば、残りの3時間で、社員は自分の成長のためになにをすべきかを考えられるようになります。

そうしたなかで、マネジメントの在り方も変わっていかなくてはなりません。

ひと昔前のマネジメントをみていきましょう。

部下G
「この資料って、たとえば、このように変えてみてはどうでしょう」

上司H
「いや、そんな必要はないよ。そもそもそれを考えるのは管理部の仕事。俺たち、現場がやることじゃないよ。俺たちは俺たちのやるべきことをやればいいんだから」

このように、部下Gの発想の正誤を過去の経験をもとに、

・そうは思わない
・それはおかしい
・それではダメだ

と事細かく検問することが上司の役割でした。

これまでの工業社会では、限定市場に「同じものを安定して供給する」ことが期待されていたため、間違った物をつくり出さないための検問こそが、マネジメントの最大の目的だったのです。

しかし、これからの創造社会では、世界市場に「これまでとは違う、あっと驚くものを素早く供給する」ことが期待されています。

そのためには、これまでのマネジメントの在り方にも、変化を加える必要があります。

ただ、これは業務プロセスを根本から変えたり、新たな設備投資をもとに機械化を図ったり、たくさんの人を辞めさせたりする話ではありません。

今日、隣の社員にひと言「よい職場にしたいよね」と声をかけることなのです。

つまり、職場の「関係密度」を高めることです。

GさんとHさんの関係が変化し、さらに別の部署のIさんを巻き込み、G・H・Iの3人がつながり、従来の職位職務や部署をまたいで話をする。

そこで互いの発想が重なり、職場風土が動き出すのです。

よい職場風土では、前例踏襲主義に立った単線思考ではなく、創発主義に立った、さまざまな人たちが関係しあう複線思考を持つことが大切です。

それが、人や企業の可能性を拓く種となります。

仕事に直結しないことを「ムダ話」と認定し検問してやめさせるのではなく、意味のあるムダをつくり出し、関係性をつなげてその後の変化を大切にするのです。

こうした職場風土をこれからの企業づくりの基礎として整えられれば、社員の成長や取り組みに対する動機が高まり、ひいてはイノベーションによる発展も期待できるようになります。

☆ ☆ ☆

いかがだったでしょうか?

社員のやる気を左右する「関係密度」が高くなると、「社員の不本意な離職率が低下する」「コミュニケーションの齟齬が減る」「他責志向が、自己課題自己解決型に向かう」などのメリットがあるそうです。

部下や後輩との接し方に悩んでいる人は、心地良い職場づくりのヒントが詰まった一冊『社員がやる気をなくす瞬間 間違いだらけの職場づくり』をぜひ書店でチェックしてみてください。

社員がやる気をなくす瞬間
間違いだらけの職場づくり
発行所/株式会社アスコム
Amazonで購入する
楽天ブックスで購入する

著者/中村英泰(アスコム)
株式会社職場風土づくり代表
ライフシフト大学 特任講師
My 3rd PLACE 代表
1976年生まれ。東海大学中退後、人材サービス会社に勤務したのち、働くことを通じて役に立っていることが実感できる職場風土を創るために起業し、法人設立。年間100の研修や講演に登壇する実務家キャリアコンサルタント。

監修/田中研之輔

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。