小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

管理職への転職実態、転職後の年収、労働時間、満足度はどう変化した?

2024.04.16

昨今、管理職の求人は増加傾向にあり、株式会社リクルートが2023年7月に発表したデータによれば、2016年度から2022年度にかけて管理職求人が3.7倍になっているという。

こうした中、管理職への転職者は、転職者全体の何割程度を占めるのか?

Indeed Japanはこのほど、20~59歳の正社員で、直近5年以内に転職活動経験のある男女計15,014名を対象に「管理職への転職に関する調査」を実施。さらに、そのうち1,005名を対象に追加調査を実施し、管理職への転職者と非管理職への転職者の比較を行った。調査結果は以下の通り。

管理職への転職実態

■転職者全体における、管理職への応募・転職者の割合

直近5年以内に転職活動を行った(求人に応募した)人(15,014名)に、転職活動時にどのようなポジション・職位に応募したかを尋ねたところ、管理職(係長以上)に応募したと回答した人は、全体の9.6%となった。

また、最終的に入社したポジション・職位を尋ねた結果、管理職(係長以上)でオファーを得て、実際に管理職ポジションとして転職したと回答した人は全体の7.5%(管理職への応募者全体の78.2%に相当)だった。

■転職者全体における、管理職への転職者の傾向

管理職(係長以上)へ転職した人(全体の7.5%、1,131名)の傾向を把握するために属性を明らかにした。

管理職に転職した人の転職する前のポジション・職位を尋ねた結果、転職前は非管理職だった人が15.9%、転職前も管理職だった人は83.8%という結果となった。

管理職に転職した人に、転職前後の業種と職種を尋ねた結果、転職前後の業種・職種ともに同じと答えた人が67.2%と、7割近くが同業種同職種で管理職へ転職していることがわかった。

一方、業種も職種も前職とは異なる、異業種・異職種の管理職への転職者は12.5%となった。また、同業種・異職種の転職は6.0%、異業種・同職種の転職は14.3%で、合わせると32.8%が異業種または異職種からの転職であることがわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。