小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新製品ラッシュで活気づくビール業界、サッポロ、キリン、アサヒ、各社の戦略を占う

2024.04.14

ビール業界が活気づいている。それも「ビール類」ではなく、「狭義のビール」と呼ばれるところのビールの周辺に、ワサワサとニュースがあふれる。

4月3日には東京・恵比寿ガーデンプレイスに、36年ぶりに醸造設備を入れたYEBISU BREWERY TOKYOがオープンした。ビール人気復活のカギは? 

YEBISU BREWERY TOKYOのタップルーム。

酒税法改正がビール復調の後押しに

大手ビール会社から続々と「好調」が報告されている。

コロナ禍明けによる消費の巻き返し、インバウンド需要の順調な伸びなどに加え、昨年10月の酒税法の改正により、「狭義のビール」の酒税が下がったことがその要因とされる。

ちなみに、昨年の酒税改正では、「新ジャンル」の酒税は37.8円から46.99円に上がる一方、「ビール」は70円から63.35円に減税された。

今後は2026年10月の改正で、ビール系飲料はすべて54.25円の同一金額になり、ビールにとって追い風が続く(いずれも350ml換算の金額)。

ビール系飲料の税率の変化 (出典:財務省)

キリンビールはこの春、標準価格帯としては17年ぶりになる新ブランド「晴れ風」を発売した。CMに内村光良、天海祐希、今田美桜、目黒蓮と、旬のタレントを4名も起用する力の入れようは、「『一番搾り』に次ぐ第2の柱に育てたい」(堀口英樹社長)ため。売上の一部を桜や花火といった「日本の風物詩」に関わる保全活動に寄付するという新しい試みも見せる。

3月26日に開かれた「キリンビール晴れ風」の発表会会場で。
 
サントリーは昨年春に発売した「サントリー生ビール」が好調を維持。「ザ・プレミアム・モルツ」の神泡人気も持続して、ビールカテゴリーは前年同期比31%の大幅増を実現している。

業界トップのアサヒビールは、昨年10月に発売したアルコール分3.5%の「アサヒスーパードライ ドライクリスタル」が好評だ。低アル志向に対応した商品開発の一方で、「アサヒ生ビール(マルエフ)」「アサヒ食彩」などビールをしっかり味わいたい派向けの商品も好調だ。

ビールの販売量を前年比109%と伸ばしたサッポロビールは、2月に「ヱビスビール」を8年ぶりにリニューアル。主力の「黒ラベル」ブランドでも3月に「エクストラブリュー」の限定発売、体験イベント「THE PERFECT 黒ラベル EXPERIENCE 2024」を全国11か所で開催するなど、両ブランドの強化に力を入れる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。