小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2500人に聞いた「理想の睡眠時間」は平均7.4時間 、「実際の睡眠時間」は?

2024.04.13

OECD(経済協力開発機構)の2021年の調査によると、日本人の平均睡眠時間は33か国中で最下位となった。「質の良い睡眠」がクローズアップされる中、実際の睡眠状態に変わりはあるのだろうか。

クロス・マーケティングはこのほど、全国47都道府県に居住する20~69歳の男女2,500人を対象に「睡眠に関する調査(2024年)」を実施し、その結果を発表した。

現在と理想の睡眠時間

平日と休日を合わせた現在の睡眠時間は、「6時間くらい」がボリュームゾーンで平均は6.4時間。一方、理想の睡眠時間は「7時間くらい」「8時間くらい」がボリュームゾーンで平均は7.4時間となった。現在と理想のギャップは1時間であり、昨年と大きな変化はみられなかった。<図1、2>

睡眠の状態や悩み

睡眠状態の詳細は、「寝るタイミングは規則的」が61%、「寝つきがよい」が58%と良好な人もいるものの、「日中眠くなる」が63%、「疲れがとれない」が60%、「眠りが浅い」が59%と良好ではない人がやや上回った。<図3>

年代別には、「日中眠くなる」が20代と50代、「疲れがとれない」「眠りが浅い」は40~50代で多かった。「日中眠くなる」「疲れがとれない」「眠りが浅い」の割合は、いずれの年代も過去3年間で最も高い数値であった。<図4>

睡眠時の悩みと眠りを妨げる悩みごと

睡眠時の悩みごとは、「いびき」「手足・身体の冷え/手足のしびれ」「歯ぎしり」がTOP3。男性40~60代は「いびき」、女性40~60代は「手足・身体の冷え/手足のしびれ」 、女性20~40代は「歯ぎしり」 をあげる人が多い。睡眠時の悩みは、時系列で横ばいまたは低下傾向がみられた。<図5>

悩みごとが原因で眠れない人の割合は68%と昨年よりやや低下。眠りを妨げる悩みごとは、「お金・収入・貯金」「学校や仕事」「人間関係」が多く、「お金・収入・貯金」を理由にあげた人は昨年よりやや増加した。<図6、7>

<調査概要>
調査手法 : インターネットリサーチ
調査地域 : 全国47都道府県
調査対象 : 20~69歳の男女
調査期間 : 2024年:2024年3月22日(金)~23日(土)
      2023年:2023年3月1日 (水)
      2022年:2022年1月1日(土)
有効回答数 : 2024年:2,500サンプル  2023年:2,500サンプル  2022年:2,000サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合がある

出典元:株式会社クロス・マーケティング

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。