小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

薬もあって、治療もできる、それでも難しい「パーキンソン病」との付き合い方

2024.04.08

「ビジネスパーソンに忍び寄る身近な病たち、働き盛り世代が知っておくべき健康寿命を延ばす術とは」シリーズ。今回はパーキンソン病である。昨年秋に公開されたパーキンソン病を扱った映画、『いまダンスをするのは誰だ?』。全国のミニシアター等で上映され、映画好きやこの病気に注目する人々の間で話題になった。

仕事一筋で生きてきた40代後半の主人公はある日、若年性パーキンソン病と診断される。妻や娘と不仲だった彼は、事実を受け入れられず、職場の同僚も離れて孤独を抱える。そんな中、同じ病の人が集う自助グループで、人とのふれあいの大切さを痛感させられる。やがて自助グループで知ったダンスを通して、不仲の妻や娘と関係を修復していく物語だ。主人公のシンガーソングライターが、実際に若年性パーキンソン病であることも話題になった。

脳内のドパミン不足が引き起こす

「この病気は40代、50代、特に65歳以上の方に多いです。高齢化が進む今日、患者さんは、1000人中2名ぐらいはいると考えられます」

こう語るのは、今回レクチャーをお願いしたパーキンソン病のエキスパート、国立病院機構、仙台西多賀病院の武田篤院長である。昨今、よく聞く疾病だが現役世代、そして急増しているのは高齢化に伴いビジネスパーソンの親の世代だ。

武田篤先生はまず、パーキンソン病の原因を解説する。

「身体は大脳皮質からの指令が、筋肉に伝わることによって動きます。それを司っているのが、ドパミンです。ドパミンが大脳皮質の指令を調節して、スムーズに身体を動かしているのです。ところが、ドパミンが減ると動作が緩慢になったり、身体に震えが起こりやすくなったりする。それがパーキンソン病です。稀に家族性に発症し、遺伝子が特定される場合もありますが、なぜ発病するのかは、わかっていません」

誰もが襲われる疾病だと、先生はその症状をさらに詳しく解説する。

「患者さんの半分ぐらいは、手足に震えが出るので、早く診断に繋がりますが、この病気に共通していえることは動作の緩慢さで、ゆっくりとした動作になる。身体を動かしづらい。疲れやすい」

“すくみ足”といって、普段と異なる姿勢や異なる動作をするときに、うまく組み立てられない。“姿勢保持障害”はとっさに足を前に出そうとしたとき、動作が小さかったり。足を出すタイミングが遅くなって、転びやすくなる。症状が進むと、転倒したときに立ち上がるのが難しい。

映画『いまダンスをするのは誰だ?』の中のシーンで、題名にもなったダンスをするように身体が勝手に動く症状は、“ジスキニジア”といって、薬が過剰に効いてしまい、自分の意思とは関係なく身体が動いてしまう。

※出典:パーキンソン病療養指導士テキストブック

代表的な薬は“横綱”「エルドーパ」

パーキンソン病の治療について問うと、武田篤先生は“そもそも”と、この疾病の根本原因から語る。

「中脳の黒質にあるドパミン神経細胞が異常をきたし、ドパミンが急激に減るのは、ドパミン細胞の中のアルファ(α)シヌクレインというタンパク質が蓄積するからで。αシヌクレインの蓄積が、パーキンソン病の根本原因です。溜まったαシヌクレインの治療方法はありません。主な治療は不足したドパミンの補充です。そのための代表的な薬は一つだけ。ま、その薬を横綱に例えるなら、他の薬は前頭といったところですか」

――その横綱級は何という薬ですか。

「エルドーバ(L‐DOPA)という薬です」

――その薬はパーキンソン病の諸症状によく効くのですか。

「飲めば劇的に効きます。薬がうまく効いている間は身体がよく動き、健常者と変わりない日常が過ごせます」

――それなら症状が出る前に薬を飲めば、障害から解放されて問題ないように思いますが……。

ところが、そんなに簡単にはいかないと、武田先生はこちらの質問に応える。

「エルドーパを使い続けると、効果がだんだん短くなるんです。8時間は効いていたのが、4時間、3時間、2時間となっていく。その他にも薬の副作用は、前記した身体が不随意に動いてしまうリスキニジアや、他にもいろいろあります。

時には精神障害が伴うこともあって、高齢者だとエルドーパの過剰摂取で幻覚や妄想が出たり。天井裏で知らない人が暮らしているとか、知らない人が刃物を持って、刺しに来ようとしているとか。恐怖心を伴う患者さんもいます。高齢者の患者さんは認知症の発症も想定して、治療が必要になってきます」

健常者と変わらぬ動作を求めて、薬の量を上げれば、副作用のリスクも上がるというわけなのだ。

運動と薬は症状改善のための二大柱

“衝動制御障害”といって、薬の副作用には依存症もある。競馬やパチンコが止められないギャンブル依存症。女性の患者さんの中には買い物依存症に陥り、クレジットカードで払いきれない買い物をしたり。海外ではギャンブルに大金を注ぎ込み財産を失ったのは、パーキンソン病の薬の副作用のせいと、製薬会社に損害賠償を求める裁判を起こした患者さんもいます」

外来で診るたびに、新しい時計を身に着けている患者には、「あれ、また新しく買ったんですか」と武田先生はそれとなく声掛けをして、衝動制御障害の有無を確かめることもあるという。

病気の進行とともに、薬だけに頼るわけにはいかなくなる。症状改善に有効だと武田先生がまず、挙げるのが運動である。『いまダンスをするのは誰だ?』の中で、自助グループが取り組んだ運動の一つがダンスであった。

「運動と薬は症状改善のための二大柱ですね。例えれば、油が切れた自転車をスムーズに動かすための潤滑油、それが運動です。ドパミンの減少は止められませんが、運動は今あるドパミンの量でできる、身体のコントロールを広げます。障害の進行を遅らせることにつながるのです」

奥が深い病、その理由は?

今の医療で完治は不可能。病気の進行とともに身体の動作は不自由になるが、死に至る病ではない。そんなパーキンソン病をなぜ、武田篤先生が専門にしたのか。その理由にもこの病気の特徴が垣間見られる。

「脳の病気には治療法がないものも多い。その点、パーキンソン病は薬もあって、治療もできます。ところがこの病気は5年、10年、20年と患者さんの人生と付き合っていくことになる。奥が深い病なんです」

症状を劇的に改善する薬はあるが、その薬を使い続けると効果が徐々に短くなる。薬が効いている間がオンなら、薬が切れて身体の自由が利かない状態はオフだ。オンとオフの身体の落差をいかに緩和させるか。

さらに薬の様々な副作用、抑うつや不安を生じさせる疾病なので、精神面のコントロール等々。ドクターは患者一人一人に応じて適切な薬の処方と、副作用の状態。運動等を勧めて、患者と伴走するようにして励ましていく。

医師は文字通り、患者に寄り添っていく疾病なのだ。

明日公開の後編では、武田篤先生の失敗談も含め、パーキンソン病と告げられたとき、いかにこの病気と付き合っていくか、詳しく解説する。

取材・文/根岸康雄

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。