小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Wordでタブやインデントを使って段落をそろえる方法【図解】

2024.04.26

Wordで段落が途中でずれてしまい、直し方もよく分からない、という方もいるのではないだろうか。段落がずれたままの状態にしておくと、資料を読む側が違和感を持ってしまうので、必ず直すようにしよう。

本記事では、Wordで段落をそろえる方法について解説する。タブやインデントを使って、どのように段落をそろえるのか図とともにまとめた。

段落をそろえる前に行ないたいWordの設定

段落をそろえる前に、いくつかやっておきたいWordの設定をまず解説する。これらの設定を変更したことがない方は、一度確認してみるのがおすすめだ。

  1. ルーラーを表示する
  2. 余白を調整する
  3. サイズを調整する
  4. 段組みを変更する

これらの設定がおかしいと、段落をうまくそろえられないこともある。また段落がそろえられても、全体のレイアウトが想定と異なってしまう場合もある。

1つ1つの設定方法について詳しく解説していく。

■1.ルーラーを表示する

まず、ルーラーを表示する方法を解説する。ルーラーは上部に表示される目盛りのことだ。ルーラーがあることで文字列の位置が分かりやすくなる。段落をそろえる際にもルーラーは使うが、ルーラーは初期設定では非表示になっているので、こちらを表示させよう。

ルーラーを表示するには上部の「表示」から「ルーラー」をクリックする。

すると、Wordの上と左に定規の目盛りのようなものが表示される。これがルーラーである。

■2.余白を調整する

続いて、Wordの余白を調整する方法を解説する。資料の種類によっては、余白を増やした方が読みやすくなる場合がある。

余白を調整するには「レイアウト」タブから「余白」をクリックする。ここから好きな余白を設定することができる。余白をどうすれば良いか分からない場合は、ひとまず「標準」を選択しておこう。

余白を「広い」に設定すると、このように余白が広くなり、文字を記入できる部分が狭くなっていることが分かる。

■3.サイズを調整する

続いて、サイズを調整する方法を解説する。WordではA4やB5などのサイズに変更することが可能だ。

サイズを調整する場合「レイアウト」タブから「サイズ」を選択する。

ここから好きなサイズを選択することが可能だ。

■4.段組みを変更する

続いて、段組みを変更する方法を解説する。デフォルトでは1段組みになっているが、Wordでは2段組みなどにすることも可能だ。論文などは、2段組みになっていることも多い。

段組みを変更するには「レイアウト」タブから「段組み」を選択する。

ここから2段組み、3段組みなどに変更できる。以下の画像は2段組みに変更した例である。

Wordで段落をそろえる方法

それでは、Wordで段落をそろえる方法についてみていこう。段落をそろえる方法は次の2つ。

  1. ルーラーでそろえる
  2. インデントでそろえる

1つ1つの方法について詳しく解説する。

■1.ルーラーでそろえる

まず、ルーラーでそろえる方法を解説する。

そろえたい行をドラッグアンドドロップで選択する。そして、以下の画像の赤い枠で囲った部分をクリックしよう。

そのまま右や左に動かすことで、選択した行を同時に移動させられる。これで複数行の位置をそろえることができる。

■2.インデントでそろえる

続いて、インデントでそろえる方法を解説する。

移動したい行を選択状態にする。そして「レイアウト」タブから「インデント」を選択する。

次のようにインデントの数値を変更することで、選択した行を移動させられる。

Wordで途中の文字列をそろえる方法

続いて、Wordで途中の文字列の位置をそろえる方法を解説する。途中の文字列の位置をそろえる方法は次の2つ。

  1. タブでそろえる
  2. 表でそろえる

1つ1つの方法について詳しく解説する。

■1.タブでそろえる

まず、タブでそろえる方法について解説する。以下の画像は各項目が半角スペースで区切られている。各項目の文字列の長さが異なるので、ズレてしまって見にくくなっている。

半角スペースではなく、タブを使うことで、各項目の行頭をそろえることができる。キーボードには基本「Tab」キーがあるので探してみよう。

■2.表でそろえる

次に、表を作成することで各項目の行頭をそろえてみる。

表にしたい情報をドラッグアンドドロップで選択する。「挿入」タブから「表」⇒「文字列を表にする」を選択しよう。

「文字列を表にする」画面が表示されたら、「文字列の区切り」をその他にし、画像のように半角スペースを入力しよう。入力したら「OK」を選択。

すると以下のように表が作成され、各項目を綺麗にそろえることができた。

まとめ

本記事ではWordで段落をそろえる方法についてまとめた。最後に、段落をそろえる手順についておさらいしよう。

  1. ルーラーでそろえる
    1. そろえたい行をドラッグアンドドロップで選択
    2. ルーラーで段落を調整する
  2. インデントでそろえる
    1. そろえたい行をドラッグアンドドロップで選択
    2. 「レイアウト」⇒「インデント」を選択
    3. 〇〇mmと入力してインデントをそろえる

また、Wordで途中の文字列をそろえる方法は次のとおり。

  1. タブでそろえる
    1. キーボードのタブを押す
  2. 表でそろえる
    1. 「挿入」⇒「表」⇒「文字列を表にする」を選択
    2. 文字列の区切りを「その他」に変更し、半角スペースを入力
    3. 「OK」を選択

段落がいつの間にかズレてしまうことは多くあるので、これらの方法で段落をそろえられないか試してみよう。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。