小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

年収が直近1年で増加したフリーランスの職種ランキング、3位プロジェクトマネージャー、2位カスタマーサクセス、1位は?

2024.03.20

様々あるフリーランスの職種の中で、直近1年においてもっとも年収/時給がアップしたものとはいったい何だろうか?

フリーランス・複業・副業の求人マッチングサービス「SOKUDAN(ソクダン)」を運営するCAMELORSはこのほど、「【2024最新】単価上昇中のフリーランス職種ランキング」について調査し、その結果を発表した。

本稿では、フリーランス・副業案件の職種別平均年収・時給についての調査の一環として、SOKUDANに掲載されているフリーランス・副業案件のうち、直近1年(2023年)の年収・時給単価が(2022年と比較して)増加した職種をランキング形式にて紹介していく。

年収が増加したフリーランス職種ランキング

年収が増加したフリーランス職種ランキングでは、1位が「インフラエンジニア」で増加額が+131万円と唯一、100万円の大台を超えた。以降、2位「カスタマーサクセス」(+99万円)、3位「プロジェクトマネージャー」(+51万円)、4位「iOS/Androidエンジニア」(+38万円)、5位「事業企画」(+37万円)と続いた。

上位3職種の年収は50万円を超える増加となり、増加した7職種の平均年収は880万円となった。

なお、時給が増加したフリーランス職種ランキングは以下の結果となった。

2024年のフリーランス市場は、デジタル化とテクノロジーの進展の影響を受けて、多様な職種において単価の変動が見られる。

インフラエンジニアやデータサイエンティストのようなテクノロジー関連職種では、専門性と技術力の高さが評価され、市場での需要が増加している。これらの職種では、セキュリティやデータ分析、クラウドサービス管理などの専門スキルが特に重視されており、それが単価の上昇につながっている。

一方で、カスタマーサクセスや事業企画のようなビジネス関連職種も、顧客のニーズを深く理解し、戦略的な思考で新しい価値を生み出す能力が高く評価されている。これらの職種では、市場の動向を正確に捉え、企業の成長を支援するためのスキルが求められている。

また、エグゼクティブ/コンサルのような経営層向けの職種も、企業の方向性を定め、ビジネス成果を導く重要な役割を担っている。彼らの戦略的な意思決定や問題解決能力は、今後も引き続き市場で高く評価されることが予想される。

<調査概要>
調査対象:SOKUDANに掲載された求人案件(一部抜粋)の単価と稼働時間から平均時給を計算し、その平均時給から1日8時間、月21日稼働で想定月収と想定年収を試算した。
対象期間:
2023年1月1月ー2024年1月2日(直近1年)
2022年1月1日ー2022年1月31日(比較対象の期間)
対象案件数:
2,655件 ※一部抜粋

出典元:SOKUDAN Magazine

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。