小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AIによる「ブラック・ジャック」の新作はどう生まれた?漫画制作におけるAI活用の最前線

2024.04.24

手塚治虫の代表作のひとつ『ブラック・ジャック』が『TEZUKA2023 ブラック・ジャック 機械の心臓─Heartbeat Mark II』という〝新作〟として、2023年11月に漫画誌『週刊少年チャンピオン』に掲載された。手がけたのは、手塚プロダクションを中心としたクリエイターとAI。制作のプロジェクトに携わった栗原 聡教授に、漫画制作におけるAI活用の最前線を聞いた。

栗原 聡教授慶應義塾大学理工学部管理工学科
栗原 聡教授
NTT基礎研究所、大阪大学、電気通信大学を経て現職。以前には、AIを活用して制作された手塚プロダクションによる世界初の漫画『ぱいどん』(講談社)にも参画した。

『TEZUKA2023 ブラック・ジャック〜』

栗原教授が開発した〝御用聞きのAI〟と、漫画のクリエイターが共同制作した、手塚治虫作『ブラック・ジャック』の新作。2023年6月に制作を開始し、5か月後に『週刊少年チャンピオン』(11月22日発売)で掲載された。現在も同プロジェクトのWebサイトなどで読める。

『TEZUKA2023 ブラック・ジャック〜』©手塚プロダクション/秋田書店

 AI活用の試みは様々な領域で進んでいる。その波は漫画制作の現場にも及んでいた。栗原教授が漫画制作に初めて本格的に関わったのは、2020年のこと。機械学習やディープラーニングという言葉が浸透し始めた頃だ。

「その時は『ぱいどん』という作品で、2020年春に漫画誌『モーニング』(講談社)に掲載されました。当時は、自前で研究していたAIを活用しました」

 その時に行なったのは、プロットとキャラクターデザインをAIに提案させるというもの。研究室で開発したAIに複数の案を生成させて、手塚プロダクションのクリエイター陣に渡すという流れ。クリエイターとAIのやりとりは、極めて限定的だった。

 それに対して『TEZUKA2023 ブラック・ジャック~』はベースのツールとして「ChatGPT Plus」とともに画像生成AI「Stable Diffusion」を使用。本作に携わるクリエイター陣がAIとのやりとりを直接できる環境を整えたそうだ。

「どんなに優れたAIでも、効果的な回答を得られなければ意味がありません。そこで私たちが開発した、人とAIを仲介する〝御用聞きのAI〟を使いました

 原作『ブラック・ジャック』に関する200話分のテキストデータと、手塚治虫の描いたキャラクター2万枚の画像データを学習した〝御用聞きのAI〟が仲介役となることで、クリエイターはAIとの簡単なやりとりを通して、求める素材を生成できるという。

 当初はプロットやシナリオ、キャラクター制作のみに使う予定だったが、シーン説明(ト書き)にも試験的に活用。漫画のコマの生成にも挑戦し、一定の成果を得たそうだ。もちろんAIの提案をそのまま使って完成させたわけではない。ストーリーも作画もAIの提案は参考にしつつ、最終的には人が手を加えて完成させたという。

「今後もAIは進化します。ただし、人が何かを作りたい意欲を持つことが必要。その時、AIが無駄な作業を代行するとともに、人の創造力を引き出してくれます」

 AIの進化と同時に、使う人も進化できるかが問われそうだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。