小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ChatGPTとOfficeアプリは有料版を使うべきなのか?

2024.04.09

有料で使えるサービスの拡充も目覚ましい。例えば「ChatGPT Plus」は処理能力の高いLLM「GPT-4」を利用できるだけでなく、マイクロソフト「Bing」の検索機能を活用した最新情報に基づく回答を生成。自分でカスタムしたペルソナ(役割)設定を常時有効にして、欲しい回答を生成しやすくするGPTs機能も搭載するなど、実用度が増している。マイクロソフトやグーグルも有料サービスの強化に積極的で、仕事のタイパをより向上させたいなら導入を検討しよう。

有料AIサービスのイメージ※ChatGPT Plusが生成した有料AIサービスのイメージ

ChatGPT Plus

月額20ドル(約2900円) ※2024年2月時点

有料版だけの機能が満載!最新情報の検索やデータ分析にも使えるぞ!

ChatGPT Plusの擬人化のイメージ※ChatGPT Plusが生成したChatGPT Plusの擬人化のイメージ

有料版のメリットは、言語能力の向上や処理可能な文字量の増加、応答速度の安定化などが挙げられる。そのほかにも画像を読み込み、その内容を把握して要約できるなど実に賢い。もちろんインターネット上の新しい情報を回答に反映させることもできる。さらには外部サービスと連携する1000以上のプラグインが利用可能。PDFを要約したり、テキスト入力するだけで画像を作れたりと、様々な実務に活用できる。

例えばこんな仕事に役立つ!

#情報収集  #プレゼン資料の作成  #メール返信  #データ分析

有料版だけの主な機能

●GPT-4 ●Bing検索の反映 ●画像生成(DALL・E 3)
●GPTs ●Advanced data analysis ●ChatGPT Plugins

ChatGPT Plus有料版で特に便利なのが、特定の用途に応じたチャットボットをカスタマイズできる「GPTs」。例えば「入力した文章を簡単な日本語で200文字以内にまとめる」をデフォルトに設定しておけば、次回以降に利用する際、同様のプロンプトを冒頭に入力する手間が省けて、まとめてほしいテキストをペーストして生成を依頼すればいい。

ChatGPT Plus(上)設定で「Browse with Bing」をONにすればインターネット上の最新情報を回答に反映。「以下サイトを要約して」とURLを指定すると概要も教えてくれる。(左)OpenAI社の画像生成AIサービス「DALL・E 3」にも対応。キーワードを入れるだけで画像を生成する。

【主な導入手順】

(1)ChatGPTの有料プランを選択
(2)使用時にはGPT-3.5をGPT-4に切り替える

ChatGPTのWebサイトへアクセスしたら画面左の項目から「プランをアップグレード」または「Upgrade to Plus」をクリック。表示された小さな画面から「Upgrade plan」を選択して、クレジットカード情報などを入力して申し込めばOK。有料版を利用する際は、ホーム画面の上部にある「GPT-3.5」を「GPT-4」に切り替えるだけだ。

Copilot for Microsoft 365

月額30ドル/1ユーザー当たり ※2024年2月時点

おなじみのアプリがAIに対応!作業手順が大幅に短縮するよ

Copilot for Microsoft 365の擬人化のイメージ※ChatGPT Plusが生成したCopilot for Microsoft 365の擬人化のイメージ

Microsoft 365の法人向けプランに導入されたサービス。Word、Excel(英語版のみ)、PowerPoint、Outlookといったビジネスアプリに最適化された生成AIを利用可能。Wordでは文書の叩き台を生成してくれるほか、Excelではデータ分析やグラフ作成を行ない、PowerPointではプレゼン資料を指示どおりに作成する。GPT-4ベースの「Copilot」も利用可能。

例えばこんな仕事に役立つ!

#資料作成  #メール作成  #プレゼン資料の作成  #議事録作成

Copilot対応の主なOffice関連アプリ

●Word ●Excel(現在は英語版のみ。今後、日本語対応予定)
●PowerPoint ●Outlook ●Teams

Copilot for Microsoft 365PowerPoint の場合、入力したテキストをもとに企画書を自動生成。内容に合う画像を作って挿入したり、アニメーションをつけた企画書に仕上げてくれたりする。各ページを要約したノートも作ってくれるなど至れり尽くせりだ。

【主な導入手順】

(1)ライセンス要件などを確認
(2)技術要件を確認(Entra IDの使用など)
(3)Copilot for Microsoft 365のライセンスを販売店に相談

まずはユーザーのライセンス要件の確認を。Microsoft 365の「ME3」をはじめとするライセンスと、Microsoft Entra IDアカウントが必須。これらのことを確認後、販売店の専用窓口へ連絡し、導入手続きを行なう。

詳しい導入手順はコチラをチェック!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。