小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

男性300人に聞いてわかった疲労、ストレス、睡眠不足、飲酒と勃起力の関連性

2024.03.01

勃起力は、その日の体調や精神状態によって変化する。「今日はなんだか勃ちづらい」と感じる場合は、ライフスタイルによる影響かもしれない。

そこで医療法人社団 康英会 ユナイテッドクリニックグループは、男性330名に対し、ライフスタイルと勃起力の関係に関するアンケート調査を実施したので、結果をお伝えしよう。

「肉体的な疲労」があるとき、勃起力の低下を感じる男性は6割以上

過度な疲労が溜まると自律神経のバランスが乱れ、勃起力が低下するケースがある。とくに加齢で元々勃起力が衰え気味だと、仕事や長時間外出などで疲れた日の夜は、性行為で十分なパフォーマンスを発揮できないかもしれない。

「大きな悩みや不安」で勃起力低下を感じる男性は7割以上

「緊張で勃起できなかった」というエピソードはよく聞くが、実は日常のストレスや不安が重なった際も勃起力を低下させる。ストレスや不安が自律神経のバランスを乱し、勃起しづらい状態を作るからだ。

慢性的なストレスによって抗うつ状態になると、ED(勃起不全)を発症しやすいというデータもある。

「睡眠不足」によって勃起力の低下を感じる男性は約5割

睡眠不足の状態だと、陰茎海綿体への血流が悪くなり、勃起力の低下につながる可能性がある。

また、慢性的な睡眠不足は「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンの分泌量を低下させる。テストステロンの分泌量が低下した結果、EDを発症するケースもあるため、勃起力を保ちたい男性は睡眠を大事にすべきだ。

「お酒の多量摂取」で勃起力の低下を感じる男性は5割以上

アルコールは中枢神経に影響を与え、脳からの性的刺激を伝わりづらくするため、一時的な勃起力低下を招く可能性がある。勃起維持も難しくなり、中折れにつながるケースも。

ただし、適量なアルコールにはリラックス作用があるため、性行為に対して緊張や不安がある場合はプラスに働く。

性行為前のアルコール摂取がNGなわけではなく、あくまで飲む量を調整することが大切だ。

調査概要
調査方法:インターネットアンケート
調査期間:2024年1月31日~2024年2月4日
調査対象:20歳以上の男性330名

引用:アットプレス「疲労・ストレス・睡眠不足が勃起に与える影響  男性330名にアンケート調査を実施」(調査元:ユナイテッドクリニック

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。