小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本企業CIOの9割がAIは競争上の優位性をもたらすと確信する一方、生成AIに投資している企業の割合はわずか2%どまり

2024.03.07

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ(以下レノボ)から、900人以上のCIO(日本:150人以上)を対象としたアジア太平洋地域のAI採用に関する「CIO Playbook 2024 – It’s all about Smarter AI」レポートが発表された。

本稿では、同社リリースを元にその概要をお伝えする。

CIOの優先事項は昨年から大幅に入れ替わってAIが最上位に

レノボの委託によりIDCが作成した本レポートによると、アジア太平洋地域の企業によるAI支出が、2024年には前年比で45%増加する計画が明らかになった。

また、CIOの優先事項は昨年から大幅に入れ替わっており、AIは最上位にランクインしている。

注目すべき点として、2023年に最優先事項だった増収・増益は2024年には第3位に下落し、顧客体験と顧客満足は、2つ順位を上げて第2位にランクインしている。

このデータは、進化するビジネス環境の中で、最先端のイノベーションや顧客中心のアプローチに対する戦略的なシフトを明確に示すものだ。

しかし、AIテクノロジーに関してはビジネスリーダーとCIOの間では隔たりが見られる。

ビジネスリーダーは、顧客体験の強化や成果の向上で生成AIを優先したいと考える一方、CIOはより慎重な楽観的見方をしている。CIOは生成AIを第4位の技術的な優先事項に挙げており、セキュリティ、インフラストラクチャー、人材の考慮事項に対応するAIテクノロジーを優先的に考えている。

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ合同会社の代表取締役である多田直哉氏は、次のように述べている。

「AIプレイブックには、お客様からレノボに寄せられている声が反映されています。日本のCIOは最もAIのメリットを確信しています。89%がAIは競争上の優位性をもたらすと確信しており、41%は自社のゲームチェンジャーになると考えています。生成AIや機械学習と、これらに続くディープラーニング・システムへの投資拡大は、業務効率、セキュリティ、意思決定プロセス、顧客体験の向上を目指すお客様のニーズの裏付けとなります」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。