小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

転職希望者に聞いた職場の「ゆるさ」と「厳しさ」の定義

2024.02.28

キャリアや就職・転職に特化した匿名相談サービス「JobQ」を運営するライボの調査機関「Job総研」は、「2024年 転職条件の実態調査」を実施。結果をグラフにまとめて発表した。

転職時に優先すること

 回答者全体の603人に転職先を決める際、働き方と給料どちらを優先するかを聞くと、「働き方派」が65.8%で過半数を占め、内訳は「断然働き方」15.4%、「働き方」19.4%、「どちらかといえば働き方」31.0%だった。

年代別の回答では20代の「働き方優先派」が71.1%で最多となり、次いで40代が70.3%、30代が62.3%、50代が58.6%という結果が得られた。

■キャリアと企業風土の関係

回答者全体の603人にキャリアは企業風土に左右されるかを聞くと、「左右されると思う」が83.6%で過半数を占め、内訳は「とても左右されると思う」22.4%、「左右されると思う」31.0%、「どちらかといえば左右されると思う」30.2%だった。

左右されると回答した504人にその理由聞くと、「会社の厳しさ/ゆるさは自分で変えられない」が52.0%で最多となり、次いで「成長へのサポート体制が会社によって異なる」が46.6%、「職務やプロジェクトへの参加機会が会社毎異なる」が44.2%と、以上が上位の回答となっている。

■職場のゆるさ/厳しさの定義

 回答者全体の603人に「職場のゆるさ」の定義を聞くと、「出退勤時間・働き方が自由」が55.4%で最多となり、次いで「服装や髪型などの自由度がある」が45.1%、「ワークライフバランスが保たれている」が44.6%と、以上が上位3つの回答だった。

同回答者に「職場の厳しさ」の定義を聞くと、「失敗への厳しい対応や批判がある」が50.7%で最多となり、次いで「業務への高い要求とプレッシャーがある」が50.6%、「強い成果主義」が48.8%と、以上が上位の回答となっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。