小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

DXツールを導入している不動産会社は2割、導入している業務は「物件募集」が最多

2024.02.26

不動産情報サービスのアットホームは、加盟する全国の不動産会社を対象に、不動産DXツールの導入状況や実感している効果などについて調査を実施。結果をグラフにまとめて発表した。

DXに「取り組んでいる」「まだ取り組んでいないが検討中」は半数超の 54.2%

Xに取り組んでいるかどうかを聞いたところ、「取り組んでいる」15.6%、「まだ取り組んでいないが検討中」38.6%でした。半数以上の不動産会社が、DXに取り組み始めていることがわかる。

■DXの目的は「社内の業務効率化・生産性向上」が約6割

DXに取り組みはじめたきっかけを聞くと、「社内の業務効率化・生産性向上」が62.3%でした。次いで、「顧客満足度アップ」が29.9%、「業界トレンドへの対応」が29.2%と続いた。

まずは、社内の業務効率化に取り組むためにDXに着手する不動産会社が多いようだ。

■「DXツールを導入している」不動産会社は23.8%

DXツールを導入している不動産会社は約2割だった。その一方で、「まだ導入していないが検討中」と回答した不動産会社は7割以上という結果になった。

DXツールを導入している業務 1位は「物件募集」

業務ごとにDXツールを導入している・導入を検討しているかどうかを聞いたところ、最もDXツールが導入されている業務は「物件募集」で、半数を超えた。

そのほか、「物件確認」「入居申込」「重要事項説明」「契約」が4割以上となり、書類のやり取りが多い業務でDXツールを導入する不動産会社が多いという結果になった。

■DXツール導入時に苦労したこと 「必要なシステムの選定・導入に時間がかかった」が約3割

DXツール導入時に苦労したことは、「必要なシステムの選定・導入に時間がかかった」がトップでした。導入前のシステム選定に苦労する不動産会社が多いようだ。

次いで、「データの移行・整備作業が複雑で手間がかかった」「既存ツールとの連携・統合が難しかった」と、導入後のツールを実業務に合わせてカスタマイズする工程に票が集まった。

■DXツールを選んだ決め手は「使いやすさ・利便性が高いから」

導入したDXツールを選んだ決め手を聞いたところ、「使いやすさ・利便性が高いから」が42.7%となった。

そのほか、「価格が適切でコストパフォーマンスが良かったから」と「サービスを提供している会社が、信頼できる会社だったから」も割合が高く、不動産会社は利便性・コストパフォーマンス・サービス提供会社などさまざまな観点からDXツールを選定していることがわかる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。