小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【図解】Excelで絶対値を表示させたい時に便利なABS関数の使い方

2024.03.04

Excelで、プラス・マイナスは関係なく、値の差を「絶対値」として表示させたい場合は、ABS関数を使うと便利である。

通常の計算では、基準となるセルよりも比較対象セルの値が大きいと、「- (マイナス)」が付いてしまうが、それを回避できる。

そのため、2点間の距離を求めたり、売上目標に対し現在どれくらいの差があるのかなどを求める時に役立つ。

ここでは、ExcelでABS関数を使って絶対値を表示させる方法について解説する。

絶対値とは

絶対値とは、簡単にいうと「プラスやマイナスのつかない数字」のことである。つまり、0からどれだけ離れているかという考え方のことである。

例えば「2」でも「−2」でも、0からは「2」離れているため、絶対値は「2」となる。

ABS関数で絶対値を表示させる方法

エクセルで絶対値を表示させたいときには、ABS関数を使う。

■ABS関数とは

ABS関数は、絶対値を表す英単語である「absolute value」の最初の3文字から名付けられている。

 

ABS関数の構文=ABS(数値)

引数には絶対値で表示させたい数値または数値が含まれるセルを指定する。

■ABS関数の使い方

ABS関数の使い方について図で解説する。

 

①絶対値を表示させたいセルを選択

②数式ボックスの「fx」をクリック

③【関数の挿入】のダイアログボックスが表示されたら、[関数の検索]の空欄に「絶対値」と入力

④「検索開始」ボタンをクリック

絶対値 関数

⑤[関数名]から「ABS」を選択

⑥「OK」ボタンをクリック

ABS関数

⑦【関数の引数】のダイアログボックスが表示されたら[ABS(数値)]の空欄に数値を直接入力、あるいはセル指定(ここではセルB3を指定)

⑧「OK」をクリック

ABS関数 引数
⑨セルC3に絶対値が表示されたら、オートフィルで以下のセルにも関数を反映させる。

ABS関数 オートフィル

下の図のように絶対値が表示される。

絶対値の表示

※関数を入力する時は、上記のように数式ボックスの「fx」から選択せず、ABS関数を表示したいセルに「=ABS(B3)」のように直接入力しても良い。

 

絶対値の合計を計算する方法

絶対値の合計を計算するにはSUM関数を使う。SUMは英語で「合計、総和」といった意味である。

 

SUM関数の構文=SUM(引数)

引数で指定したセルもしくはセルの範囲内にある数値の合計を計算する(引数に数値を直接入力しても良い)

 

ここではSUM関数を使って絶対値の合計を計算する方法を図で解説する。

 

①絶対値の合計を表示させたいセルを選択

②数式ボックスの「fx」をクリック

③【関数の挿入】のダイアログボックスが表示されたら、[関数の検索]の空欄に「合計」と入力

④「検索開始」ボタンをクリック

絶対値の合計

⑤[関数名]から「SUM」を選択

⑥「OK」ボタンをクリック

絶対値 SUM関数

⑦【関数の引数】のダイアログボックスが表示されたら[SUM(数値1)]の空欄に数値を直接入力、あるいはセル指定(ここではセルC3からC13までをドラッグして範囲指定)

⑧「OK」をクリック

絶対値SUM関数 引数

下の図のようにセルD3に絶対値の合計(セルC3~C13の合計)が表示される。

絶対値 合計の表示

※関数を直接入力する場合は「=SUM(ABS(C3:C13))」と合計を表示したいセルに入力し、「Shift + Ctrl+Enter」で確定する。

引数を直接入力すると手間がかかるため、上記のように前もって絶対値を表示しておき、合計を求める方法がおすすめである。

絶対値の平均を計算する方法

絶対値の平均を計算するにはAVERAGE関数を使う。AVERAGEは英語で「平均」という意味である。

 

AVERAGE関数の構文=AVERAGE(引数)

引数で指定したセルもしくはセルの範囲内にある数値の平均を計算する(引数に数値を直接入力しても良い)

 

AVERAGE関数を使って絶対値の平均を計算する方法を図で解説する。

 

①絶対値のを平均を表示させたいセルを選択

②数式ボックスの「fx」をクリック

③【関数の挿入】のダイアログボックスが表示されたら、[関数の検索]の空欄に「平均」と入力

④「検索開始」ボタンをクリック

絶対値 平均値

⑤[関数名]から「AVERAGE」を選択

⑥「OK」ボタンをクリック

絶対値 AVERAGE関数

⑦【関数の引数】のダイアログボックスが表示されたら[AVERAGE(数値1)]の空欄に数値を直接入力、あるいはセル指定(ここではセルC3からC13までをドラッグして範囲指定)

⑧「OK」をクリック

絶対値 AVERAGE関数 引数

下の図のようにセルE3に絶対値の平均(セルC3〜C13の平均)が表示される。

絶対値 平均値表示

※関数を直接入力する場合は「=AVERAGE(ABS(C3:C13))」と平均を表示したいセルに入力し、「Shift + Ctrl+Enter」で確定する。

絶対値の最大値・最小値を取得する方法

絶対値の最大値・最小値を計算するにはMAX関数・MIN関数を使う。MAXは英語の「maximum」の略で「最大」という意味である。

MINは英語の「minimum」の略で「最小」という意味である。

 

MAX関数の構文=MAX(引数)

MIN関数の構文=MIN(引数)

引数で指定したセルもしくはセルの範囲内にある数値の最大値・最小値をそれぞれ取得する(引数に数値を直接入力しても良い)

 

MAX関数・MIN関数を使って絶対値の最大値・最小値を取得する方法を図で解説する。

 

①まず絶対値のを最大値を示させたいセルを選択

②数式ボックスの「fx」をクリック

③【関数の挿入】のダイアログボックスが表示されたら、[関数の検索]の空欄に「最大値」と入力

④「検索開始」ボタンをクリック

絶対値 最大値

⑤[関数名]から「MAX」を選択

⑥「OK」ボタンをクリック

絶対値 MAX関数

⑦【関数の引数】のダイアログボックスが表示されたら[MAX(数値1)]の空欄に数値を直接入力、あるいはセル指定(ここではセルC3からC13までをドラッグして範囲指定)

⑧「OK」をクリック

絶対値 MAX関数 引数

下の図のようにセルE3に絶対値の最大値(セルC3〜C13の最大値)が表示される。

絶対値 最大値 表示

※関数を直接入力する場合は「=MAX(ABS(C3:C13))」と最大値を表示したいセルに入力し、「Shift + Ctrl+Enter」で確定する。

 

絶対値の最小値はMIN関数を使い、その後は最大値を求めるMAX関数と同じ操作方法で以下のように取得することができる。

絶対値 最小値 表示

※関数を直接入力する場合は「=MIN(ABS(C3:C13))」と最小値を表示したいセルに入力し、「Shift + Ctrl+Enter」で確定する。

 

まとめ

本記事では、絶対値を求めるためにABS関数の使い方について解説した。あわせて絶対値の合計、平均の計算方法、最大値・最小値を取得する方法についても紹介した。

いずれも簡単な操作で使える関数であるため 、本記事で紹介した方法をぜひご活用いただき、ビジネスに役立てていただきたい。

また、「絶対値」と混同しやすいExcelの用語に「絶対参照」がある。

「絶対参照」とは数式が参照するセルがずれないように固定することで、「絶対値」とは異なるため、混同して使用しないように注意していただきたい。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。