小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

エクステリア、インテリア、走行性能までワンランク上を感じさせるスズキの新型「スイフトHYBRID MZ」の完成度

2024.02.11

2023年秋のJAPAN MOBILTY SHOW2023のスズキブースで世界初公開されたスイフトコンセプトが、5代目スイフトとしていよいよ街を走り始めた。

今回は新型スイフトの最上級グレードとなるHYBRID MZ、FF、CVTモデルを公道で試乗したので、そのインプレッションをお届けしたい。なお、新型スイフトの概要に関しては、すでにこの@DIMEで紹介済みである(軽快な走りはそのまま!最新の運転支援機能を搭載してバージョンアップしたスズキの新型「スイフト」)。

国産コンパクトカーの基準を大きく底上げする1台

スマートコンパクトをコンセプトに開発された5代目スイフトは、先代ユーザーの平均年齢が44.8歳だったものの、今回はより若い、それこそZ世代にもアピールすることが使命だという。そして先代の不満点であった運転支援機能、ロードノイズといったところにもしっかりと手が入っているという。

先代からの大きな進化はまず、依然として5ナンバー枠に収まるエクステリアのデザインだ。とくにフロントグリルのデザイン、質感は、ボディ全体のドシリとした佇まいは、スイフトによりクラス上の存在感を持たせることに成功しているように思える。プラットフォームこそ先代からのキャリーオーバーだが、パワーユニットもまた刷新され、燃費効率に優れた1.2L直列3気筒エンジンに換装するとともに、CVTも新設計。車重は先進運転支援機能などの充実によって10kg増になっているものの、それでも”軽量化の鬼”のスズキらしく、CVTのFF車で920~950kgに押さえられているのはさすがと言うしかない。WLTCモード燃費はマイルドハイブリッドモデルにして24.5~24.4km/L(FF)を達成しているのである。

さて、新型スズキ・スイフトHYBRID MZのFFモデルで走り出せば、微力ながらモーターが備わっているため、想定外のスムーズさで加速を開始する。パワーステアリングは低速域では軽く扱いやすく、本革巻きとなるステアリングのグリップ感、握りやすさも良好。全方向の視界、シートのかけ心地も文句なしである。

そこから速度を上げていっても、エンジンのスムーズさは変わらず、登坂路や合流路でアクセルを踏みつけ、エンジン回転を例え6000回転までの上げても不快なノイズ、うるささとは無縁だった。

感心したのは乗り心地と車内の静かさだ。乗り心地に関しては、BSエコピアのタイヤは先代からのキャリーオーバーだというものの、新設計されたサスペンションによって快適そのもの。荒れた路面でもしっかり感段差などでの鋭利な突き上げのない乗り心地を示し、ゼブラゾーンの乗り越えも、不快感なしにこなしてくれるのである。段差の乗り越えを一発で収束させるボディ、足回りの剛性感、サスペンションチューニングは見事というしかない。聞けば、スタビライザーのリンクを刷新するとともに、リヤサスペンションのストロークアップが施されているという。

静粛性の高さも新型ならではだ。エンジンノイズのキャビンへの侵入がうまく抑えられている点についてはすでに報告済みだが、もうひとつの主なノイズの発生源といえるロードノイズの遮断は、先代が「ロードノイズが気になる」というウィークポイントを抱えていたことを踏まえ、徹底的に見直した、と開発陣から説明されている。この点に関しては、アンダーボディ、サイドメンバーといった基本骨格に構造用接着剤を多用し、車内のフロアカーペットを遮音効果のある厚く重いものに変更。さらにフェンダーの樹脂カバーにスポンジを封入し、片側4か所のピラーにも発泡剤を入れるなどして、ロードノイズの伝達経路に遮音、防音対策が入念に施されたことが功を奏している。

操縦性に関しても、パワーステアリングは低速域ではごく軽く扱いやすさが強調されたタッチを示すものの、速度を増していけば、安心感も増大するやや重めのステアリングフィールになり、しかも、路面からのインフォメーションに不足なく、切ったぶんだけ素直に曲がってくれる適度な人車一体感をもたらしてくれるのだから走りやすい。

さらに、パドルシフトも備わり、日常域や高速走行時のスピードコントールのしやすさ、そして山道でのキビキビとした走りにも貢献する。動力性能自体は1.2Lマイルドハイブリッドから想像する域を出ないものの、坂道でもグイグイ上ってくれる低速トルクがあり、あらゆるシーンでの走りやすさを実感できた。この点では、先代の4気筒エンジンに対してスペックは落ちているものの(エンジン91ps、12.0kg-m、モーター3.1ps、5.1kg-m→エンジン82ps、11.0kg-m、モーター3.1ps、6.1kg-m)、新3気筒エンジンは高効率のCVTの制御もあり、低速トルクを増大したパワーユニットになっているからである。実際、急な坂道の走行もスイスイとこなしてくれたほどである。ここもまた、スズキがこだわる軽量化のメリットと言っていい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。