小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスシーンにおける「アグリー」という言葉の意味と正しい使い方

2024.02.21

アグリーという言葉を見聞きしたことはあるだろうか。アグリーは同意や賛成を意味する英語「agree」が元になったカタカナ語だが、使いどころを間違えると場の雰囲気を壊したり、気持ち悪いと思われたりしてしまうこともあるため注意が必要だ。

そこで本記事では、アグリーの意味や適切な使い方を解説する。ビジネスシーンでの使い方も紹介するので、場面に応じた使い分けを行ってほしい。

アグリーとは

アグリーはどんな場面、どんな意味合いで使用するのだろうか。まず、アグリーの基本的な意味や使用例を確認しよう。

アグリーの意味

アグリーは同意する、賛成するといった意味合いで使用される言葉。英語の「agree」が元となったカタカナ語で、基本的な意味は英単語と変わらない。

会話で使用する場合は「アグリーだよ」のような使い方になるが、組織や環境によっては広く浸透していない場合もある。相手にスムーズに意味が通じ、ある程度気心が知れた間柄の相手に使用するのが良いだろう。

また、日本独自のカタカナ語表現であることにも注意。英語話者にとっては馴染みのない用法であり、似た発音の「ugly」(醜い)や「angry」(怒って)だと捉えられてしまうこともある。

したがって、誤解なくアグリーの意味が伝わりそうな人に対してや、ある程度関係を構築した人が集まった状況で使用するのが無難だろう。

【例文】○○さんのその発言にはアグリーだよ

英単語「agree」の意味

アグリーの語源となった英単語「agree」は「同意する」「賛成する」などの意味を持つ。転じて、「一致する」「仲良くやっていく」「体に合う」といった意味合いで使われることもある。他動詞として使用する場合は「~を認める」という意味合いにもなるので覚えておこう。

【例文】I agree with your comment.

【訳】私はあなたの発言に賛成だ

ビジネスシーンにおけるアグリー

アグリーはビジネス用語として使用されることもあり、会議や打ち合わせで相手の発言に同意を示す際に使うのが主な用法だ。

ただし、多少くだけた場面で使う表現であるため、部署内や日常的に会話する同僚に対しての使用が無難。取引先や多くの関係者が参加する会議など、フォーマルな場では使用を控えた方が良いだろう。

また、「賛同できない」という意思を伝えたい場合は「アグリーできない」という表現が可能。agreeと反対の意味を持つ英単語として「disagree」が存在するが「ディスアグリーだね」という表現は一般的には使われないので注意しよう。

【例文】その企画案にはアグリーだね

アグリーに似た英語

ここからは、アグリーに似た英語を紹介する。アグリーに関連する意味を持つ英単語に加え、発音上間違えられやすい英単語も紹介チェックしてほしい。

agreement

「agreement」は同意や承諾、契約などの意味を持つ英単語。agreeが「同意する」という意の動詞であるのに対し、agreementは「同意」のみを示す名詞として使用される。文脈によって適切な方を選択しよう。

【例文】They reached an agreement.

【訳】彼らは合意に達した

disagree

「disagree」は「同意しない」「異議を唱える」などの意味を持つ英単語。「agree」に否定や反対を意味する接頭辞「dis」が組み合わさった単語であることを覚えておくと「agree」の対義語としての意味合いがイメージしやすくなるはずだ。

【例文】I disagree with these plan.

【訳】私はこれらの計画に同意しない

ugly

「ugly」は「醜い」「見苦しい」といった意味を持つ英単語。agreeと発音が似ているため、英語話者に対してアグリーを使用する場合には注意が必要。侮辱的な意味合いを含むため、誤解を招かないよう注意したい単語だ。

【例文】That building is old and ugly.

【訳】あの建物は古くて醜い

agri

「agri」は「農業の」「農業関連の」を意味する接頭辞。「agriculture」(農業)のように、農業関連の英単語に付随して使用される。こちらも発音がagreeに似ているため注意しよう。

【例文】Agriculture is the main industry.

【訳】農業が主な産業だ

angry

「angry」は「腹を立てて」「熱くなって」といった意味を持つ英単語。こちらもagreeと間違えられやすい単語であり、トラブルの種となりかねないため注意しよう。

【例文】I was angry at that remark.

【訳】私はその発言に腹を立てた

※情報は万全を期していますが、正確性を保証するものではありません。

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年4月16日(火) 発売

DIME最新号は「名探偵コナン」特集!進化を続ける人気作品の魅力、制作の舞台裏まで徹底取材!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。