小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

家事や育児の分担割合、共働きでも「女性7割、男性3割」が最多

2024.02.10

一つ屋根の下で暮らす夫婦にとって、家事・育児はともに協力して行うべき大事なタスクだ。ではその分担割合は、共働きか片働きかでどれほど違うのだろうか?

エン・ジャパンはこのほど、総合求人サイト「エン転職」上でユーザーを対象に「男女の家事・育児分担」についてアンケートを実施し、4,828名から回答を得た。概要は以下の通り。

家事・育児の分担割合、共働きでも「女性7割、男性3割」が最多。若い年代ほど男性の分担割合が高い結果に

「あなたには、共に生活を営むパートナーがいますか?」と質問すると、47%が「いる」と回答した。パートナーがいる人に、家事・育児の分担割合を聞くと、最も多い回答は「女性7割、男性3割」(21%)となった。次いで「女性9割、男性1割」(19%)、「女性8割、男性2割」(18%)が続き、女性の分担割合が高いことがわかった。

働き方別で見ると、共働きの最多は「女性7割、男性3割」(22%)、片働きの最多は「女性9割、男性1割」(24%)で違いが見られた。一方で「女性6割以上」の割合は、共働き78%、片働き77%で大きな違いは見られなかった。

年代別で見ると、「女性6割以上」の割合は、年代が上がるほど高まる結果に。(20代:62%、30代:78%、40代以上:80%)。若い年代ほど、男性の分担割合が高いことがわかった。

【図1】あなたには、共に生活を営むパートナーがいますか?

【図2】パートナーがいる方に伺います。 「家事・育児の分担割合」を教えてください。(働き方別)

【図3】パートナーがいる方に伺います。 「家事・育児の分担割合」を教えてください。(年代別)

家事・育児の分担について、現在の割合になっている理由を聞くと、第1位は「配偶者または自身の勤務時間が長いため」(45%)となった。

「勤務先に家事・育児と仕事の両立への理解がないため」と回答した人に、仕事と家庭の両立をする上で、勤務先に求める条件や対応も聞いた。具体的な声を紹介する。

【図4】パートナーがいる方に伺います。家事・育児の分担について、現在の割合になっている理由は何だと思いますか?(複数回答可)

Q.「勤務先に家事・育児と仕事の両立への理解がないため」と回答した方に伺います。仕事と家庭の両立をする上で、勤務先に求める条件や対応を教えてください。

・有給休暇や女性の産休育休、男性育休への理解がまだまだ足りない。制度があるだけで全く稼働していない状況を改善してほしい。(20代女性)

・テレワークの導入または会社PCの支給、オフィス外でも仕事ができる体制の強化。(20代男性)

・育休復帰後は、残業や土日祝の出勤ができないという理由で、同じ仕事内容なのに必然的にパートになり、役職も無くなった。給与もキャリアも無くならないようにしてほしい。(30代女性)

・業務量の再分配や育児時短制度の活用。男性育児参加に対する表面的な推進ではなく、取得した側もフォローする側も過度な負担増にならないような調整をお願いしたい。(30代男性)

・有給休暇を、直前でも申請・取得しやすくしてほしい。(40代女性)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。