小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アウディのフラッグシップSUV「Q7」がデザイン、快適性能、先進技術をアップデート

2024.02.05

アウディは、クリアなデザインと最新のテクノロジーを採用して、ファミリーSUVのフラッグシップであるQ7を再びアップグレードした。

新しいフロントセクションとリヤセクションを備えた新鮮なエクステリアデザインは、SUVとしての力強いキャラクターを強調すると同時に、ファーストクラスの居住性、さまざまな用途への対応、最大7名の乗員のために広々としたスペースを提供する。

さらに、Q7として初めて採用されたレーザーハイビーム付きHDマトリクスLEDヘッドライトには、ライトシグネチャーを選択できるデジタルデイタイムランニングライトが装備されている。またデジタルOLED(有機EL)リヤライトは、4種類のライトデザインを選択可能。そして、新しいデザインのホイール、ボディカラー、インテリアの装飾インレイ、コントラストステッチが施されたシートにより、さらに高いレベルのカスタマイズの可能性がもたらされた。

力強くエレガントなエクステリア

2015年にはオールホイールステリングシステムを搭載した第2世代Q7が登場し、2019年には最初のアップグレードが行われた。今回2回目となる全面的なアップグレートにより、新しいQ7の堅牢でエレガントなデザインをさらに強化している。アウディラインナップの中で最大かつ最も多用途なこのSUVは、モダンなデザインランゲージを特徴としている。これまで以上に無駄を削ぎ落したフォルム、クリーンなボディパネル、そして非常に大きな積載容積を誇るQ7は、あらゆる状況で多用途に使用できるモデル。

オーバーハングとホイールベースは、力強く自信に満ちたプロポーションで、特徴的なボディカラーとホイールによって、そのキャラクターがさらに強調されている。八角形のアウディ シングルフレームグリルには、印象的な垂直方向のインレイが装着されている。エクステリアのベース部分にはティアドロップ形状が採用され、S lineエクステリアパッケージおよびSQ7 TFSIでは、L字型のデザインが施されている。これにより、Q7がアウディのトップモデルに位置しており、Aシリーズとは明確に区別されていることが一目でわかる。

さらに、グリルの輪郭とポジションがより高くなったヘッドライト間の新しい相互作用により、新型Q7の力強くより存在感のある外観を強調して、フロントにまったく新しい印象を与えている。車両の基本構造に統合された、カラーフレームを備えた人目を惹く新しいエアインテークは、Q7の自信に満ちたエクステリアをさらに強調している。

アウディは装飾的な要素を体系的に削ぎ落とし、これまで以上にクリアで純粋な外観を創出。ベースモデルとS lineエクステリアパッケージを一目で区別できるよう、ベースモデルのフロントバンパー、ドアトリム、ディフューザーの一部にはコントラストカラーを採用して、オフロードモデルとしての力強い外観を強調している。そしてQ7に搭載されるすべてのエンジンは、機能的で視覚的に魅力的なテールパイプを備えたエキゾーストシステムを備えている。SQ7 TFSIに近いイメージのS lineエクステリアパッケージは、フロントバンパーのサイドエアインテークが強調され、さらにスポーティな外観を与える。

カスタマイズ可能なライトシグネチャー

Q7には高輝度LEDヘッドライトが標準装備され、路面を明るく照らす。マトリクスLEDヘッドライトはオプション設定に、さらに、アウディレーザーライトを備えたHDマトリクスLEDヘッドライトも選択可能。このマトリクスLEDヘッドライトは、左右それぞれ24個のLEDと高出力レーザーダイオードから構成され、ヘッドライトに組み込まれたレーザーテクノロジーを象徴するブルーのポジションライトによって認識することができる。

レーザーライトは70km/h以上の速度で走行中に作動でき、ハイビームの照射範囲が大幅に拡大。この最上位ヘッドライトには、デジタルデイタイムランニングライト シグネチャーが新たに追加された。ユーザーは、MMI上で4種類のライトシグネチャーから選択でき、Q7ユーザーの個性を反映した特徴的なエクステリアを創り出す。

また、ヘッドライトの機能が拡張されただけでなく、そのデザインも刷新されている。デイタイムランニングライトはより高い位置に設置され、Q7の堂々とした表現力豊かな外観を作り出している。今回初めてQ7にオプション設定される高度にデジタル化されたOLEDリヤライトも、4種類のデジタルライトシグネチャーを選択することができる。

さらに、A8、Q8、Q5と同様に、デジタルOLEDリヤライトには、アシスタンスシステムと連動した近接表示機能が採用されている。他の走行車両が停止しているQ7の後方2m以内に近づくと、コントロールユニットによりすべてのデジタルOLEDセグメントが自動的に点灯。追加機能には、ダイナミックターンインジケーターや、ユーザーが選択したデジタルライトシグネチャーに対応する、さまざまなカミングホームおよびリービングホームシーケンスが含まれる。

多用途で広々としたインテリア

Q7およびSQ7 TFSIには、5人乗りバージョンと7人乗りバージョンが設定されており、高いプレステージ性と、日常におけるすぐれた実用性を兼ね備えている。どちらのバージョンも、前席・後席ともに十分な室内長、ヘッドルーム、エルボールームを備えており、ファーストクラスのインテリアと明るく広々とした雰囲気を提供。

5人乗りバージョンのラゲッジコンパートメント容量は、リヤシートの位置に応じて、867L(背もたれを上げた状態)から 1,993L(背もたれを折りたたんだ状態)。テールゲートには電気モーターが標準装備されており、オプションとして、テールゲート開閉時に足の動きで反応するジェスチャーコントロールも備えている。

さらにアウディは、オプションのリヤシートプラスも提供している。この機能を装備すると、3つのリヤシートすべての長さと背もたれの角度を個別に調整することが可能で、チャイルドシート3台分に十分なスペースを確保し、3列目には左右の電動折りたたみシートが装備される。

効率的かつ力強いパワートレーン

新型Q7のエンジンラインナップは、最高出力170kW(231PS)、1,500~3,000rpmの幅広い回転域で印象的な最大トルク500Nmを発生する3リッターディーゼルエンジンのQ7 45 TDI quattroから始まる。Q7 45 TDIは、0~100km/hを7.1秒で加速、最高速度は226km/hとなる。このエンジンの上位には、最高出力210kW(286PS)、最大トルク600Nmを発生する、よりパワフルなQ7 50 TDI quattroが続き、0~100km/hを6.1秒で加速し、最高速度は241km/hに達する。

また、Q7 55 TFSIは、最高出力250kW(340PS)を発生する3リッター直噴V6ガソリンエンジンを搭載している。最大トルク500Nmは1,370~4,500rpmの幅広い回転域で発生。このターボチャージャー付きガソリンエンジンを搭載したQ7は、0~100km/hを5.6秒で加速、最高速度は250km/hで電子的に制限されている。

Q7に搭載のV6エンジンはすべて、最大3.5トンの牽引能力を誇る。これは、キャンピングカーやトレーラーなどを牽引するには十分な数値となる。Q7のエンジンすべてに、8速ティプトロニック、quattroフルタイム4輪駆動、マイルドハイブリッドシステムが搭載されている(欧州仕様の場合)。

マイルドハイブリッドシステムは、100km走行あたり最大0.5リットル、燃費が改善する。その主なコンポーネントは、リチウムイオンバッテリーと48V主電源システムに電力を供給するベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)。Q7は、55~160km/hの範囲で走行中にドライバーがアクセルから足を離すと、エンジンを休止して、最長40秒間コースティング(惰性走行)する。ブレーキをかけると、BASはこの6気筒エンジンを素早く再始動。アイドリングストップ機能は22km/h以下で作動する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。