小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

認められている人の割合は?収入は?ビジネスパーソン1万5000人に聞いた副業の実態

2024.02.05

多様な働き方を選択できる社会の実現が国を挙げて推進されている今、副業や兼業を解禁する企業が増えていると言われている。

では実際のところ、副業をしているビジネスパーソンはどれくらいいて、また、毎月平均どれくらいの収入を得ているのだろうか?

転職サービス「doda」はこのほど、20~59歳のビジネスパーソン15,000人を対象に、副業の実態を調査し、その結果を発表した。

副業している人は8.4%で、前回調査から+0.2pt

「副業をしていますか」という質問に対して、「している」と回答した人は前回より0.2pt増えて、8.4%という結果になった。「検討中」と答えた人は前回より1.8pt減って、16.6%だった。

副業を検討している人は減ったが、副業をしている人は2021年調査では8.0%、2022年調査では8.2%と、2年連続で増えている。徐々に、副業が浸透しつつあることがうかがえる。

副業の平均月収は、6万5093円。40代が全体の平均月収を引き上げる結果に

副業の平均月収は6万5093円で、前回の5万1218円から1万3875円アップした。

年代別では、20代と30代の平均月収が下がった一方、40代以上は前回調査の6万5284円から9万6564円へと大幅にアップ。また、100万円以上の収入を得ている人もわずかながらおり、40代が全体の平均月収を引き上げる結果となった。

平均月収において最も割合が多かったのは「1万円未満」の48.1%で、前回の29.1%から大きく増加した。次に多かったのは「10万円以上」の13.8%で、前回の15.9%からは減少した。

「1万円未満」の割合が大幅に増えたことで、「1万円台」から「10万円以上」までの区分の割合はすべて低下したものの、5万円以上の割合は23.8%で、一定数存在しているという結果だった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。