小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自動車用バッテリーの販売動向、店頭は6%減、ネットは19%増

2024.01.31

GfK Japanは全国のカー用品店、タイヤ専門店、ガソリンスタンド、ホームセンター、インターネットの販売実績データ等を元に、市場規模相当に拡大推計した2023年のタイヤ、エンジンオイル、自動車用バッテリーの販売動向を発表した。本稿では、その概要をお伝えする。

夏タイヤ〜前年比7%減と低調に推移

2023年のタイヤ全体の数量前年比は7%減と低調。夏タイヤは全体で数量前年比8%減、店頭では数量前年比7%減、インターネットでは同10%減とマイナス成長となった。

特に14インチ以下の軽自動車サイズが店頭では数量前年比9%減と減少、インターネットでは同20%減と大幅に落ち込んだ。

夏タイヤの平均価格は店頭では前年から8%上昇して1万782円、インターネットでは15%上昇して9639円となった。

2年連続で価格改定が実施されたこともあり、2021年の平均価格からは店頭で14%、インターネットで26%の上昇となっている(図1)。販売数量は減少したものの平均価格の上昇に支えられ、金額前年比は店頭では1%増、インターネットでは4%増と微増を記録した。

夏タイヤをサイズ別にみると、主要なサイズでは155/65/14が数量前年比11%減、145/80/12が同14%減など多くのサイズで減少が見られた。

こうした中ではあるが、205/60/16では同4%増、185/60/15では同7%増と前年を上回り、235/50/18では同16%増と大幅な伸長を見せるサイズもあった。

冬タイヤ・オールシーズンタイヤ〜数量前年比は全体で10%減と二桁マイナス

冬タイヤの2023年9-12月期の数量前年比は全体で10%減と二桁マイナスとなった。店頭では数量前年比14%減、特に関東・甲信越では同21%減と前年を大幅に割り込み、インターネットでは同5%減だった(図2)。

冬タイヤの最盛期である12月の販売が、数量前年比25%減と著しく減少したことが影響した。冬タイヤの平均価格は店頭では1万3123円と前年から7%上昇したことに対し、インターネットではプレミアム製品の構成比が下がったことが一因となり、1万1682円と1%下落した。金額前年比は店頭では8%減、インターネットでは2%減となっている。

オールシーズンタイヤの2023年の数量前年比は全体で3%増と成長の鈍化が見られるものの、前年に引き続き販売を伸ばした。インターネットでの伸長が数量前年比9%増と全体をけん引した。

一方、店頭では同6%減と前年を下回る結果となった。185/65/15では数量前年比9%増、175/65/15では同8%増などコンパクトカーが多いサイズで伸長が見られた他、SUVが多い225/55/18では同21%増の二桁成長を示した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。