小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2023年日本のモバイルゲーム市場の収益1位は「モンスト」、コラボやSNSの活用に日本と海外で違い

2024.01.30

競争が激しいモバイルゲームの世界では、どのような戦略をとっているパブリッシャーが収益や成長量の上位をキープしているのだろうか。

Sensor Towerは、同社のストアインテリジェンスのデータをもとに2023年の収益や日本と海外のパブリッシャーの戦略の違いを分析したので、詳細をお伝えしよう。

2023年収益ランキング、1位『モンスターストライク』、2位『ウマ娘』、3位『Fate Grand/Order』

Sensor Towerのストアインテリジェンスのデータによると、2023年の日本におけるモバイルゲーム収益・成長量トップ10は、次のとおり。

収益では2023年に10周年を迎えた『モンスターストライク』(MIXI)が約5.7億ドルを記録してトップとなった。

トップ4までのタイトルは2022年と変わりなく、2023年1位の『モンスターストライク』と2位の『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)が入れ替わった形に。

収益成長量では、上位2つが海外パブリッシャーのタイトルがとなっている。収益成長量1位の『崩壊:スターレイル』(miHoYo)は、2023年4月にリリースされた新作だが、リリース直後から日本でも人気を集め、2023年の収益成長量は2億ドル以上に。

日本と海外のパブリッシャー別収益シェアを見ると、収益では日本パブリッシャーが全体の約70%、収益成長量では約40%を占めた。2022年との比較では、収益シェアはほぼ同じだが、収益成長量は海外パブリッシャーに8%の伸びが確認できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。