小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

約6割の会社員が引き止め交渉でのカウンターオファーを受け入れても1年以内に退職

2024.01.30

グローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパンは、同社が実施した「給与調査2024」より、「カウンターオファー」に関する結果を発表した。

カウンターオファーを受け入れても約6割の会社員が1年以内に退職

カウンターオファーを受け入れてから、半年以内に退職した会社員は38%にのぼることがわかった。半年後~1年以内に退職した会社員は、21%だった。約6割の会社員がカウンターオファーを受け入れても1年以内に退職しているようだ。

反対にカウンターオファーを受け入れてから5年以上その企業に勤務したと回答した会社員は、14%となっている。

■約8割カウンターオファーを受け入れる条件提示は昇給

勤務先企業よりカウンターオファーの申し出があった場合、「引き止め交渉に応じる可能性」があると回答した会社員は、41%だった。

カウンターオファーを受け入れる可能性のある条件提示としては、1位が「昇給」(81%)と圧倒的で、次いで「昇進」(41%)、「働き方等の柔軟性向上」(37%)となっている。

■転職を決意したら貫き通す

カウンターオファーを受け入れる可能性はないと回答した会社員が受け入れない理由として挙げたのは、1位「一度決めたので心変わりはしない」(27%)、2位「自分の長期的なキャリア目標と合っていない」(21%)、 3位「長期的な仕事満足度の解決策ではない」・「辞めようと思った理由に対する解決策ではない」(同率19%)だった。

企業側が残留目的の条件提示を受け入れないとしていることから収入面や働き方等が転職を考えた原因ではないことが推測でき、退職を決断する際にすでにかなり心を決めており、必ずしも昇給だけに左右されないことがわかる。

調査概要
調査期間/2023年9月~10月
対象/国内企業、外資系の日本法人 n= 170社、同社に登録のある国内で働く会社員 n= 1423人

関連情報
http://www.robertwalters.co.jp/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。