小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

顧客の本音を引き出すWebツール「ホンネPOST」とは?

2024.01.30

ホンネPOSTの活用例

 ホンネPOSTは、顧客の本音を引き出すことができる顧客コミュニケーションツールです。その活用例として、まちづくりやデジタルアンケート手法としての活用があります。

まちづくりでの活用

 自治体の施策やイベントの効果測定にホンネPOSTを活用できます。例えば、神戸市では、スマートフォンで市民と行政が手軽に匿名の手紙のやり取りができるデジタルレターの実証実験を実施しました。この実証実験では、若者の声を集めて次期総合基本計画策定の参考とすることが目的です。

 また、大田区と京急電鉄株式会社もホンネPOSTを導入し、地域の声を聴きながらまちづくり施策を推進する取り組みを開始しました。この取り組みでは、鉄道会社の沿線まちづくり案件としては全国初の導入となり、新たなまちづくりの施策検討に活用されることが期待されています。

 ホンネPOSTの導入により、地域の声を直接収集できます。匿名性があり、手軽に意見を投稿することができるため、多くのアイデアや要望が集まることが期待できるでしょう。

デジタルアンケート手法としての活用

 ホンネPOSTは、デジタルアンケート手法としても活用されています。顧客の感想や意見を匿名で収集できます。企業が商品やサービスの改善や新商品開発に役立てるためには、顧客の本音を正直に聞くことが重要です。

 デジタルアンケートではなかなか聞きづらい本音や感情も、ホンネPOSTを使えば匿名で自由に発信することが可能です。また、不満やリクエストだけでなく、感謝やお礼の声も集めることができます。顧客の感情を把握することで、商品やサービスの改善や顧客満足度の向上につなげられ、ビジネスのファンを増やすことにもつながるでしょう。

ホンネPOSTの効果

 ホンネPOSTの導入による効果は様々ですが、特に以下の2つの効果が大きいと言えます。

心理・感情の可視化

 ホンネPOSTは顧客が匿名で感想や意見を送ることができるため、顧客の真の気持ちやニーズを把握できます。このため、企業は顧客の心理や感情を可視化できるでしょう。

 具体的には、顧客が商品やサービスに対してどのような感情を抱いているのか、何を求めているのかを把握できます。その結果、企業は顧客の満足度を向上させるための施策を打てるのです。また、感情の可視化はマーケティングの観点からも重要です。顧客がどのような感情を持っているかを把握することで、より適切なマーケティング戦略を立てられます。

例えば、ポジティブな感情を持っている顧客には感謝の気持ちを伝えるキャンペーンを行ったり、ネガティブな感情を持っている顧客には問題解決のための対応ができます。

ビジネスのファンを増やすお手伝い

 ホンネPOSTを通じて顧客の声を真摯に受け止め、適切な対応を行うことで、顧客からの信頼や満足度を向上させることができます。これにより、顧客が企業に対してロイヤルティを持ち、ファンとして応援してくれる可能性が高まるでしょう。

 顧客の声を真摯に受け止めることは、口コミやSNSなどを通じて広がる口コミマーケティングにも繋がります。顧客が良い体験をした場合、その情報は他の人にも広がりますし、逆に悪い体験をした場合も同様です。ですので、顧客の声に真摯に向き合い、満足度を高めることで新たな顧客を獲得できます。

 このように、ホンネPOSTはビジネスのファンを増やすお手伝いをします。顧客の本音を引き出し、適切な対応を行うことで、企業は顧客の信頼を得られるでしょう。

まとめ

ホンネPOSTは、顧客の生の声を手軽に取得できる顧客コミュニケーションツールです。感情分析からアフターフォローまで一気通貫しており、ビジネスのファンを増やすお手伝いができます。スマホで簡単に匿名のやり取りが可能であり、不満やリクエストだけでなく、感謝やお礼の声も集めることが可能です。

ホンネPOSTを利用することで顧客とのコミュニケーションを強化し、より良い商品やサービスを提供することができるでしょう。

ホンネPOST:https://honne-post.com/

文/長谷川貴之

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。