小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスシーンで「真摯に向き合う」という表現を使う時の注意点

2024.02.05

「真摯に向き合う」という表現を耳にしたことはありませんか。

ビジネスや日常生活、恋愛などのさまざまなシーンで、「真摯に向き合う」という表現が使われます。頻繁に使われるものの、「目上の人に使って良いのだろうか?」「不適切な場面はないのだろうか?」と疑問に感じるかもしれません。

「真摯に向き合う」の正しい意味や使い方、言い換え表現を紹介するので、ぜひ正しいシチュエーションで使ってみてください。

「真摯に向き合う」の意味は?

真剣な表情

「真摯(しんし)に向き合う」とは、「相手の立場に立ってまじめに話を聞くこと」や「熱心に取り組むこと」を意味する表現です。日常生活でも使われることが多いため、意味を正確に理解しておきましょう。

そもそも「真摯」とはまじめで熱心なことを意味する名詞です。「真摯に取り組む」以外にも、「真摯な態度」や「真摯に対応する」のような表現でも使うことができます。

また、「向き合う」とは、互いに正面を見て対すること。たとえば、「環境問題に向き合う」なら、環境問題に対して正面から取り組むことを指します。

参考:デジタル大辞泉

「真摯に向き合う」の使い方

■ビジネスシーンで使われることが多い表現

謝罪

「真摯に向き合う」は日常生活でも使う表現ですが、家族や友人などの親しい間柄というよりは、ビジネスシーンや所信表明などのかしこまった場で使う傾向にあります。いくつか例を挙げて使い方を見ていきましょう。

【例文】

・問題解決のために、真摯に向き合っていきたいと思います。
・顧客満足度向上のために、顧客ニーズの理解に真摯に向き合ってきました。

■目上の人に使っても失礼ではない

「真摯に向き合う」は、まじめに取り組むことを意味する表現のため、目上の人に使っても失礼には当たりません。

【例文】

・ご指導ありがとうございます。真摯に向き合って、改善に努めていきます。
・真摯に向き合ってくださったことで、素晴らしいプロジェクトになりました。

また、「真摯に向き合う」は、目下の人にも使える表現です。部下や後輩と話す時にも、使ってみてはいかがでしょうか。

【例文】

・取引先から厳しいご意見をいただいていますが、真摯に向き合っていきましょう。
・皆が真摯に向き合ってくれたことが、プロジェクト成功の要因だと思います。

■「真摯に向き合う」が使えるシーン

「真摯に向き合う」は、さまざまなシーンで使える表現です。たとえば、決意や意気込みを伝えるときに使うことがあります。

【例文】

・事態を改善するために、問題の根本に真摯に向き合うことが必要です。
・子どもの権利を守るという命題を掲げ、真摯に向き合ってまいります。

また、反省や謝罪を表現する時にも「真摯に向き合う」を使います。

・同じ過ちを繰り返さないためにも、反省点を明確にし、真摯に向き合う必要がある。
・大変ご迷惑をおかけしました。このようなことが二度と起こらないよう、真摯に向き合っていく所存です。

簡単にいえば「頑張ります」とほぼ同じ意味ですが、「真摯に向き合う」と表現することで、改まったニュアンスを表現できます。

「真摯に向き合う」の言い換え表現をご紹介

まじめさ

「真摯に向き合う」は次の表現と言い換えられることがあります。

・真摯に受け止める
・まじめに取り組む
・誠実に向き合う
・ひたむきに取り組む

それぞれの使い方を見ていきましょう。

■真摯に受け止める

物事に「向き合う」前に「受け止める」必要があります。問題を解決する前の事実を把握する段階において、「真摯に受け止める」と表現してみてはいかがでしょうか。

・ご指導ありがとうございます。お言葉を真摯に受け止めます。
・真摯に受け止めるだけでは、問題解決になりません。

■まじめに取り組む

真摯は「まじめ」という意味があります。堅苦しい印象がないため、家族や友人との間でも使える言葉です。

・もう少しまじめに取り組んでよ。
・ふざけないでまじめに取り組んでください。

■誠実に向き合う

「誠実」とは、私利私欲をまじえず、真心を持って人や物事に対することや、その様子のことです。真剣に向き合うことを表現する時に使えます。

・問題に誠実に向き合ってきた。
・誠実に向き合っていれば、今回のようなトラブルは回避できたはずだ。

参考:デジタル大辞泉

■ひたむきに取り組む

「ひたむき」とは、一つの物事だけに心を向けている様子です。真摯と同じく、真剣に向き合っている状態を示せます。

・ひたむきに取り組んだことが、今回の成功につながった。
・脇目もふらず、ひたむきに取り組んできました。

参考:デジタル大辞泉

「真摯に向き合う」に類似する四字熟語

「真摯に向き合う」と類似した意味で使われる四字熟語としては、次のものが挙げられます。

・一意専心(いちいせんしん)
・謹厳実直(きんげんじっちょく)
・言行一致(げんこういっち)

一意専心とは、脇目もふらず心を一つのことだけに注ぐことです。「一意専心、受験勉強に取り組んだ」のように、副詞的に使います。

謹厳実直とは、慎み深く、まじめで正直であることやその様子を表す言葉です。「謹厳実直な仕事ぶりが好ましい」のように使います。

言行一致とは、口でいうことと行動とに矛盾がないことや、主張しているとおりに行動することです。「彼は常に言行一致だ」「言行一致の人なら信用できるだろう」のように誉め言葉として使います。

参考:デジタル大辞泉

「真摯に向き合う」に類似することわざ

「真摯に向き合う」と類似する意味を持つことわざもあります。

・雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)
・一芸は道に通ずる(いちげいはみちにつうずる)

「雨垂れ石を穿つ」とは、小さな努力でも根気よく続けてやれば、最後には成功することを意味することわざです。中国の古書『漢書』に記載されています。「雨垂れ石を穿つというから、少しずつでも勉強を続けてみては?」のように使ってみましょう。

「一芸は道に通ずる」の「一芸」とは、芸事や技芸を指します。一つのことを極めた人は、他の分野においても道理を理解していることを示すことわざです。「中途半端に学ぶのではなく、その道のプロを目指しましょう。一芸は道に通ずるといいます」のように使います。

適切な場面で「真摯に向き合う」を使おう

笑顔

「真摯に向き合う」はまじめに取り組むときに使える便利な言葉です。ただし、堅苦しい印象があるため、使う場所を選ぶようにしてください。

また、向き合う対象を明確にすることも大切です。誠実な気持ちが伝わるように、言葉を選びましょう。

構成/林 泉

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。