小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

覚えておくと便利!パワーポイントのスライドを動画にする方法

2024.02.06

ビジネスシーンではPowerPointで作成した資料を使ってプレゼンテーションをすることが多いだろう。

PowerPointでは、スライドショー機能を使用してプレゼンテーションを行うほか、スライドを動画化して提示することもできる。

本記事ではPowerPointのスライドを動画化する方法について解説する。

PowerPointを動画にするメリット

ビジネスの現場でプレゼンテーションを行う場合、パワーポイントで資料を作成してプレゼン相手に見せるような場面が多くあるだろう。

その際、写真や文章を羅列して見せるだけでは、インパクトに欠けてしまうので、プレゼンテーションを行う人のスキルに委ねられることが多い。

プレゼン資料を動画にすることができれば、多くの情報を用意することができるので、見る人の印象にも残りやすく、安定したプレゼンが可能になる。

動画を外注するとコスト面では厳しくなるため、PowerPointに標準搭載されている機能を活用することで、コストの削減にもつながる。

PowerPointを動画にするメリットをまとめると次のようになる。

  • 解説人員の削減と印刷コストの節約、動画外注費の節約
  • 会議などにおける理解力の向上
  • 視覚的な情報による訴求力の向上

PowerPointで作成したスライドを動画にする方法

ここからはPowerPointで作成したプレゼンテーションを動画にする方法を解説する。

PowerPointで作成したプレゼンテーションを動画にする方法は以下の2つがあるので順に解説する。

  1. 実際にプレゼンテーションを行いながら喋り、動画として録画する
  2. 一つ一つのスライドに音声を追加し、最後に動画として保存する

1.実際にプレゼンテーションを行いながら喋り、動画として録画する

①動画にするPowerPointのファイルを開き、【ファイル】タブをクリック

「ファイル」をクリック

②サイドメニューの[エクスポート]をクリック

③「ビデオの作成」をクリック

「ビデオの作成」をクリック

④「記録されたタイミングとナレーションを使用しない」をクリック

⑤「タイミングとナレーションの記録」をクリック

タイミングとナレーションの記録

⑥「スライドとアニメーションのタイミング」と「ナレーションとレーザーポインター」にチェックを入れて、「記録の開始」をクリック

スライドショーの記録

⑦スライドと「記録中」ウィンドウが表示される

記録中ウィンドウ

この状態でマイクに向かって声を出すことで音声を記録できる。Enterキーなどを押すことでスライドを動かすことが可能である。

⑧プレゼンテーションが終了したら「記録中」ウィンドウを×で終了し、「ビデオの作成」をクリック

ビデオの作成

動画ファイル(mp4ファイル)が作成される。

PowerPointの動画としての保存は時間がかかるため、下側に表示される進行状況を表すバーを確認して完了するまで待つ。

2.一つ一つのスライドに音声を追加し、最後に動画として保存する

次に一つ一つのスライドに音声を追加し、最後に動画として保存する方法について、以下の3つの手順で解説する。

  • 音声を追加する
  • 再生オプションを変更する
  • PowerPointファイルを動画に変換

音声を追加する

まず、音声を追加したいスライドを表示する。

①【挿入】タブをクリック

②「オーディオ」をクリック

③「オーディオの録音」をクリック

オーディオの録音

④オーディオ ファイルの名前を入力(ここでは「PowerPointを動画にする方法」と入力)

「●」 をクリックすると録音を開始、録音中に「■」をクリックすると録音を停止、 「▶︎」 をクリックすると録音内容を確認できる。

⑤録音されたものを確認し、問題がなければ [OK] をクリック

サウンドの録音

再生オプションを変更する

①音声を追加すると、スライドにオーディオファイルのアイコンが追加される。

オーディオファイルのアイコン

②アイコンをクリックすると【再生】タブが追加される。

再生タブ

【再生】からは音声ファイルの各種調整が可能となる。

③音声の開始位置、終了位置の調整をするには、「オーディオのトリミング」をクリックし表示されたダイアログボックスでトリミングする。

オーディオのトリミング

④音量を調整するには、「音量」 をクリックし、適当な大きさを選択する。

音量選択

PowerPointファイルを動画に変換

音声を追加し、再生オプションも変更したら、最後にPowerPointファイルを動画に変換する。

①作成したPowerPointが全て保存されていることを確認し、【ファイル】タブをクリック

「ファイル」タブをクリック

②サイドメニューの「エクスポート」をクリック

③「ビデオの作成」をクリック

④ドロップダウンボックスで、必要なビデオの品質を選択する。

ビデオの品質選択

ビデオの品質の目安は以下の通り。

ビデオ品質の目安

⑤「ビデオの作成」をクリック

 動画ファイル(mp4ファイル)が作成される。

PowerPointの動画としての保存は時間がかかるため、下側に表示される進行状況を表すバーを確認して完了するまで待つ。

ビデオの作成

まとめ

本記事ではPowerPointを動画にする方法を2つ解説した。

プレゼンテーション資料を動画にすると多くの情報を用意でき、見る人の印象に残りやすく、安定したプレゼンテーションが可能になる。

ぜひ、本記事で解説した方法をビジネスシーンでご活用いただきたい。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。