小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ご助力」と「ご尽力」の違いは?ビジネスシーンで使う時の注意点

2024.05.06
『ご助力』は、手助けへの謝意を伝える際やサポートをお願いする際によく使われる表現です。
『ご尽力』と混同されやすいですが、意味や使い方が異なります。活用シーンごとの例文や類語、使用上の注意点を確認しましょう。

「ご助力」とは何を意味する?

『ご助力』は、ビジネスシーンでよく用いられる言葉です。漢字からおおよその意味は推測できるものの、正しい使い方が分からないという人も多いのではないでしょうか?

■人からの手助けを敬っていう言葉

『ご助力』の読み方は、『ごじょりょく』です。『助力(じょりょく)』とは、他者の仕事や活動に力を貸すことで、手助けやサポートと同義です。日常会話の中ではあまり使われませんが、「資金面から助力した」「父は助力を惜しまない」といった使い方をします。

『助力』に接頭辞の『ご』が付くと、人からの手助けに対して敬う気持ちを込めた表現になります。ビジネスシーンでは、主に上司や取引先などの『目上の人』に対して使うのが一般的です。同僚や後輩に使うと、堅苦しい印象を与えるので注意しましょう。

■類語は「お力添え」や「ご支援」

類語は数多くありますが、代表的なものには『お力添え(おちからぞえ)』や『ご支援』があります。『力添え』は助力と同義で、他者の仕事に手を貸すことです。接頭辞の『お』を付けることで、相手の行為を敬う敬語表現となります。

『ご支援』の『支援』とは、力を貸して助けることです。災害支援や人道支援、食料支援など、社会的・人道的な場面でも使われます。

【例文】

  • プロジェクトでは、佐藤課長にお力添えをいただきました
  • 温かいご支援に心から感謝を申し上げます

■「ご尽力」との違いは?混同に注意

混同されやすい言葉に『ご尽力(ごじんりょく)』があります。『尽力』とは、ある目的のために力を尽くすことです。『尽』には全てを出し尽くす・全てを費やすという意味があり、力を貸す・手伝うという意味合いはありません。

目上の人が自分のために精いっぱい尽くしてくれた際は、「ご尽力いただきありがとうございます」と伝えます。

【例文】

  • ご尽力いただいたにもかかわらず、私の力不足で目標を達成できませんでした
  • 鈴木様のご尽力のおかげで、ここまで勝ち進めました

「ご助力」の例文をシーン別に紹介

胸に手を当てる

(出典) pixta.jp

『ご助力』は、主に『手助けへの感謝を伝える場面』と『手助けをお願いする場面』で使われます。シーン別の例文と使い方のポイントをチェックしましょう。

■手助けへの感謝を伝える場面

ビジネスシーンでは、上司や取引先、関係者などからさまざまなサポートを受ける機会があります。感謝を伝える際は、「ご助力いただきましてありがとうございました」と伝えましょう。

主に目上の相手に対して使う表現のため、自分と同等の相手や目下の相手には、「手伝ってくれてありがとう」と伝えても構わないでしょう。

【例文】

  • 田中様のご助力のおかげで、売上目標を達成できました。このご恩は忘れません
  • このたびは新規事業の立ち上げにご助力いただき、深謝いたします

■手助けをお願いする場面

手助けへの謝意を伝える場面だけでなく、目上の人にサポートを依頼する際にも使えます。お願いしますとストレートに伝えるよりも、『幸いです』や『幸甚(こうじん)です』を使った方が、丁寧で柔らかい印象を与えるでしょう。

『幸甚』は、この上ない幸せを意味します。目上の人に対して使えますが、上司や先輩などの『社内の人』には使いません。主にビジネスメールや手紙などで使われる『書き言葉』です。

【例文】

  • ご多忙のところ恐れ入りますが、ご助力を賜りますと幸甚です
  • 部長にご助力いただければ、これほど心強いことはありません

ビジネスシーンで「ご助力」を使うには?

打ち合わせ

(出典) pixta.jp

ご助力を適切な場面で正しく使えば、上司や取引先、ビジネスパートナーと良好な関係性を築けます。一方で、使い方を間違ったり、定型句のように繰り返したりすると、相手に気持ちが伝わりません。ご助力を使う上でのポイントと注意点を解説します。

■よく使われる表現を覚えておく

以下の三つは、ビジネスシーンで頻繁に使われる表現です。

  • ご助力を仰ぐ
  • ご助力いただく
  • ご助力を賜る

『仰ぐ(あおぐ)』には、教えや援助を求めるという意味があります。助けを必要としている場合には、「ご助力を仰ぎたく、お願い申し上げます」「ご助力を仰ぎたく、メールをした次第です」などと伝えましょう。

『いただく』と『賜る(たまわる)』は、どちらも『もらう』の謙譲語ですが、賜るの方がより丁寧で、かしこまった印象を与えます。「このたびはご助力を賜りまして、誠にありがとうございます」や「ご助力を賜りたく存じます」は、ビジネスメールでよく使われる表現です。

■自分の行為には使わない

ご助力を使う場合の主語は『相手』であり、自分が主語の場合には使えません。以下は誤った使い方です。

  • ご助力に努めたいと存じます
  • ご助力となれば幸いです
  • ご助力させていただきたいです

「私は助力を惜しみません」など、自分の行為には『助力』を使います。ただしビジネスシーンでは、「助力いたします」という言い方はあまり一般的ではないため、以下のような表現が望ましいでしょう。

  • 私でよければ、ぜひお手伝いをさせてください
  • 貴社のために尽力いたします

■「ご助力」ばかりを繰り返さない

人柄や能力は、その人が普段使っている言葉や表現に表れます。自分の言いたいことを無駄なくスピーディーに伝えるためには定番フレーズが役立ちますが、同じ言い回しばかりを繰り返していると、相手に語彙力の乏しさを示す結果になってしまうでしょう。

相手やシーンに応じてほかの言葉に言い換えれば、コミュニケーションがより豊かかつ円滑になります。お力添えや支援のほか、ご助力は以下のような表現への言い換えが可能です。

  • お手伝い
  • ご援助
  • ご協力
  • ご助勢(ごじょせい)

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。