小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ミドル世代の2割が生成AIを業務で使用、使用している生成AIは「ChatGPT」が8割以上

2024.01.25

エン・ジャパンは、同社が運営するミドル世代のための転職サイト『ミドルの転職』ユーザーを対象に生成AIの活用」についてアンケートを実施。回答結果をグラフにまとめて発表した。

約2割が生成AIを業務で「使用している」と回答。職種別の使用率上位は「マーケティング系」

【図1】ChatGPT他、生成AIをご自身の業務において使っていますか?(年代別)

【図2】ChatGPT他、生成AIをご自身の業務において使っていますか?(職種別)

【図3】 ChatGPT他、生成AIをご自身の業務において使っていますか? (年収別)

生成AIを自身の業務で使用しているかを伺うと、18%が「使用している」と回答した。職種別で見ると、生成AIの使用率上位は「マーケティング・販促企画・商品開発系」(47%)、「コンサルタント系」(46%)となった。

年収別では「使用している」と回答した「1000万円以上」は29%、「1000万円未満」は17%と、12ポイントの差が見られた。

■生成AIの用途、上位はドキュメント要約・議事録作成・文字起こし、メール作成

【図4】生成AIを業務で「使用している」「使用を検討している」と回答した方に伺います。生成AIを、どの用途で使用(または検討)していますか?(複数回答可)

【図5】生成AIを業務で「使用している」「使用を検討している」と回答した方に伺います。具体的に何の生成AIを使用(または検討)したことがありますか?(複数回答可)

生成AIを業務で「使用している」「使用を検討している」と回答した人に、どの用途で使用(または検討)しているかを聞くと、トップは「ドキュメント要約・議事録作成・文字起こし」(54%)、次いで「挨拶文・返信文などメール作成」(46%)だった。

使用している生成AIは「ChatGPT」が83%で最多という結果に。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。