小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【常識を変えるスタートアップ】巨大な電子レンジで世界のモノづくりを革新する「マイクロ波化学」の野望

2024.01.26

今、さまざまな業界から熱視線を集める「マイクロ波加熱」という技術がある。マイクロ波化学が産業利用に成功し、モノづくりの世界を根本的に変えようとしている。代表取締役社長CEOの吉野巌氏に詳しい話を聞くと、ビジネスの驚くべきビジョンが見えてきた。

専門的な領域だが、私たちの生活に直結するビジネスをわかりやすく解説する。

マイクロ波で化学に100年ぶりのイノベーション

食品、衣類、医薬品や電化製品…あらゆる製品の素材、原料を作っているのが化学の力だ。ふだんは目立たないが、古くから私たちの生活を支えている産業。しかし、製品のめざましい進化に対して、基盤となる化学産業は「100年以上も大きなイノベーションがなかった」と、吉野氏は指摘する。

巨大な工場を建設し、石油や石炭を燃やし、たくさんのエネルギーを消費する重厚長大な体質が、19世紀から変わっていないという趣旨だ。同社はそんな化学の世界に、独自開発の「マイクロ波加熱」でイノベーションを起こそうとしている。

マイクロ波は、電子レンジでも利用される電磁波の一種で、狙った物質にだけ直接エネルギーを伝達し、熱を加えることができる。

ガスコンロで調理するときは、鍋やフライパンを通して間接的に物体へ熱を加えるが、電子レンジなら温めたい食品だけ温められる。チンした食品がアツアツでも容器は平気で触れる、といった経験はないだろうか? これは、物質に直接エネルギーを伝えるマイクロ波特有の現象。

しかも、電子レンジは調理が速い。鍋やフライパンを通して、炎や電気で温めるより、ずっと効率よくモノを熱することができるわけだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。