小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ついに復活!ホンダ「オデッセイ」に乗って感じたスポーティで気持ちいい走りと物足りなさ

2024.01.20

1994年の初代デビュー以来、国産ミニバンのパイオニアとして君臨してきたホンダ・オデッセイはその5代目で日本仕様の生産を終了。2021年12月24日、クリスマスイブの日のことだった。およそ28年もの長い歴史、長い冒険旅行(オデッセイの意味)に、いったん、終わりを告げたのである。

3年ぶりに公道を走らせた印象は?

5代目オデッセイ日本仕様最終型

しかし、ホンダのミニバンファンは多く、再発売の声が高まったのも事実(ホンダの社内からも)。そこで、継続販売されていた中国生産モデルを逆輸入し、5代目オデッセイの一部改良モデルとして、日本国内に再投入することが決まった。2023年12月7日に発表、12月8日に再発売されたのである。

この@DIMEではすでに5代目オデッセイ一部改良モデルの概要について報告済みなので、ここでは、個人的には3年ぶりに公道を走らせたレポートをお届けしたい。なお、5代目一部改良型オデッセイは人気のe:HEVアブソルートのみのラインナップで、パワーユニットは2Lエンジン(145ps、17.8kg-m)+モーター(184ps、32.1kg-m)+CVT、駆動方式はFFの組み合わせのみ。グレードはベースのe:HEVアブソルート、中間のe:HEVアブソルートEX、最上級のe:HEVアブソルートEXブラックエディションの3タイプが用意され、今回試乗したのは、ベーシックタイプの17インチタイヤを履く(EX以上は18インチ)、480万400円の車両価格となるe:HEVアブソルートである。なお、先進運転支援機能のホンダセンシングはすべてのグレードに惜しみなく標準装備されている。

E:HEVアブソルートの17インチタイヤ&ホイール

ガッチリとした開閉感、バスっと締まるフロントドアを開け、運転席に乗り込めば、まずは前型とは違うホンダの最新モデルに用いられているボタン式エレクトリックセレクターが目を引く。そしてパドルシフトの装備も前型e:HEVアブソルートになかった機能装備となる。

走り出せば、出足は基本的にEV走行だ。EX以上の18インチタイヤではない17インチタイヤの装着でも、ズシリとしたパワーステアリングの操舵フィールはホンダのミニバンらしいスポーティなタッチを伝えてくる。言い方を変えれば、スポーツモデルからの乗り換えでも、納得しやすい乗り味、ステアリングフィールということだ。

5代目オデッセイは、オデッセイ初の両側スライドドアを備えた、3/4代目の低全高パッケージからまっとうなLクラスミニバンスタイルに変貌したのが特徴だったが、初期型の乗り心地はライバルメーカーのミニバン開発担当者が「オデッセイはミニバンの皮をかぶったスポーティカー。我々はそこまでできない」と言い放ったぐらいで、かなりスポーティで硬めだった。ファミリーミニバンとしてうっかり初期型を買った知り合いは、とくに家族が乗る後席の乗り心地の硬さから大ブーイングを受けた・・・なんていう話もあったほどである。もちろん、後期型ではいくぶん解消され、乗り味の骨太さは残しつつ、上質でフラットな乗り心地にまずまず満足できたことを覚えている。

この5代目一部改良型オデッセイ・アブソルートは、日本仕様最終型とプラットフォーム、パワーユニット、足回りなどに変更はないというが、少なくとも17インチタイヤを履くe:HEVアブソルートの乗り心地が硬すぎる・・・ということはない。首都高速道路のきつい段差の乗り越えでも、体験した1/2列目席なら大ブーイングとは無縁だろう。つまり、5代目オデッセイ・アブソルートとして熟成された乗り心地を、決してコンフォート寄りではないものの、手に入れているわけだ。

車内の静かさもさすが、日本におけるホンダミニバンのトップレンジに相応しいものだった。とくにロードノイズの遮断と、エンジンモードでエンジンを中高回転まで回した時の車内に侵入するエンジンノイズは快音かつ適度に遮断され、上級サルーン並みの車内の静粛性を実現している印象だ。

動力性能に関しては全グレード同一だが、モータ―パワーに余裕があるため、ストロングハイブリッドならではのスムーズかつトルキーな加速力が持ち味だ。アクセルオフからのアクセルオンでのレスポンス、トルクのツキも申し分なく、走りやすさに直結。前型e:HEVアブソルートになかったパドルシフト(減速セレクターと呼ぶ)によって、スピードコントロールがしやすくなり、下手にブレーキを踏むよりずっとスムーズな減速が可能だから、乗員もより快適にドライブを楽しめることになる。パドルシフト(減速セレクター)は決してスポーティな走りを楽しむためのものではないのである。

まだ未試乗だから、5代目改良型のe:HEVアブソルートEX、ブラックエディションの18インチタイヤの乗り心地や操縦性は現時点で断言できないが、2021年に国内仕様の最終型、18インチタイヤ装着車に乗ったこの@DIMEの試乗レポートでは、「最新のオデッセイ・アブソルートは、硬質な走りの質感、スポーティな操縦性、ミニバンとは思えないフットワークテイストはそのままに、乗り心地を改善。今や家族からのブーイングなど出ないであろう乗り心地(決して柔らかくはないが)、完成度を誇っている」とあり、よりスポーティなミニバンを望むなら、乗り心地が多少、硬くなったとしても、EXグレードの18インチタイヤ装着車が理想的になるに違いない。

E:HEVアブソルートEXブラックエディション

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。