小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

美少女フィギュアのコトブキヤが大幅減収、業界再編で試される老舗フィギュアメーカーの底力

2024.01.18

美少女フィギュアやプラモデルの開発・販売を行う壽屋(コトブキヤ)が、3割の減収で今期のスタートを切りました。同社はもともと通期の業績予想において減収減益を見込んでいましたが、売上高は0.6%の減少としていました。第1四半期は大幅に遅れをとっています。

美少女フィギュアは成長力が高い領域である一方、競争が激しい業界でもあります。老舗のフィギュアメーカーの底力が試される局面がやってきました。

コトブキヤ新規IP『無限邂逅メガロマリア』

フィギュアメーカーに必要な2つの要素とは?

壽屋の2023年7-9月期の売上高は、前年同期間比27.2%減の34億7,200万円、営業利益は同86.2%減の1億2,700万円でした。減収によって利益が大きく押し下げられています。しかし、売上高に左右されづらい原価率が62.3%から69.8%へと7.5ポイントも上昇しています。インフレによる原材料費や製品仕入れコストの上昇が、これまで以上に利益を圧迫しているのです。

壽屋は競争激化という市場環境と、コスト高という2つの逆風に見舞われているのです。2024年6月期の売上高は前期比0.6%減の180億円、営業利益は同12.0%減の23億円を予想しています。旺盛な勢いで業績を伸ばしていましたが、ここにきて急ブレーキがかかりました。

決算短信より作成

壽屋は工場を持たない、いわゆるファブレスメーカー。美少女フィギュアのポイントはIPと造形(設計)にあります。

壽屋は「フレームアームズ・ガール」や「アルカナディア」などのオリジナルIPを保有しています。「フレームアームズ・ガール」は2017年にテレビアニメ化されました。しかし、アイドルマスターやポケットモンスター、にじさんじなど、他社のIPに多くを依存しているのも事実です。

美少女フィギュアの造形は、ファンにとっての核とも言えるもの。2Dのキャラクターの繊細な表情や質感を立体で表現するのは、極めて高度な技術力が要求されます。目や鼻、口などのわずかな起伏一つが、全体の印象を大きく変えてしまうのです。

ヒットIPの獲得や創出、造形へのこだわりは人材への依存度が高く、フィギュアの制作工程を仕組み化で効率化するのが難しいという特徴があります。

アメリカ進出を成功させた壽屋

壽屋は美少女フィギュアの中では、造形が優れていることで知られているメーカー。似た会社にガチャガチャで有名な海洋堂、デフォルメされた造形が特徴的な「ねんどろいど」のグッドスマイルカンパニーがあります。

美少女フィギュアは35年以上の歴史があると言われていますが、かつては一部のマニア向けのものでした。壽屋や海洋堂、グッドスマイルカンパニーなどの会社は、ビジネスとして成立するのかわからない黎明期を支えた会社でした。

近年になって、美少女フィギュアを取り巻く環境が変化し始めます。壽屋は2022年6月期の売上高が前期の1.5倍に膨らんでいます。大幅な増収に至った要因の一つが北米エリアでの売上拡大。10億円だった北米売上が、翌年には25億円まで増加しています。

この分野は海外でも市民権を得たのです。国内でも、VTuberのにじさんじやホロライブが人気化するなど、フィギュアの需要を支える美少女キャラクターの裾野が広がりました。国内のフィギュア・プラモデル市場は1,400億円を超える規模にまで成長します。

市況が変化し、中小規模会社の独壇場だった美少女フィギュアマーケットに大手企業が参入するようになるのです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。