小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhone SEの「水没マーク」って知ってる?覚えておきたい防水機能と濡れた時の対処法

2024.01.18

最近発売されているiPhoneは、防沫・耐水・防塵性能に対応しています。

「iPhone SE」も、2020年4月に登場した第2世代モデル、2022年3月に登場した最新の第3世代モデルから、防沫・耐水・防塵対応となっています。

しかし、その性能はどのくらいなのか? 意外とご存じないのでは? また、水没などで故障しないための使用方法など、〝プチお役立ち情報〟をお届けします。

iPhoneっていつから防水性能に対応したの? 「iPhone 7」からって本当??

「iPhone 8/8 Plus」

初代iPhone以来、しばらくの間iPhoneは防水性能に対応していませんでした。他社から発表されたスマホが続々と防水や防塵などに対応していく中、「いつiPhoneが防水対応するか?」とファンの間でウワサされるのが、新作iPhoneが登場する際の恒例となっていました。

そんな中、2016年9月に登場した「iPhone 7/7 Plus」がついに、防沫・耐水・防塵性能を身にまとうことになりました。

「iPhone 7 Plus」

同時に、「iPhone 6s/6s Plus」までのiPhoneに搭載されていた、3.5 mmヘッドフォンジャックを廃止。これは、防沫・耐水・防塵性能向上のためとウワサされました。

「iPhone 6s/6s Plus」

そして、iPhone SEは、第2世代から、防沫・耐水・防塵性能が搭載されました。

「iPhone SE(第2世代)」

iPhone SE(第2世代)は、最大水深1メートルで最大30分間まで、IEC 規格 60529 に基づく IP67 等級の防沫・耐水・防塵性能を発揮しました。

さらに、現行モデルとなるiPhone SE(第3世代)も、第2世代同等の防沫・耐水・防塵性能を誇ります。

「iPhone SE(第3世代)」

【参考】iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能について

iPhone SEの水没マーク(液体浸入インジケータ)って何?

iPhoneは、水または水を含む液体と接触したかどうかを示す、〝液体侵入インジケータ(LCI)〟いわゆる水没マークが本体に内蔵されています。

LCIの色は通常の使用状態だと、白またはシルバーですが、水または水を含む液体に触れると、全体が赤くなります。

このLCIの状態は目視で確認可能。iPhoneのタイプによって確認方法が異なり、iPhone SE第2世代と第3世代は上の画像部分となります。

また、2016年3月に登場した、初代「iPhone SE」は、防沫・耐水・防塵性能に非対応ですが、LCIは搭載します。

iPhone SE(第1世代)

iPhone SE(第1世代)のLCI搭載位置

【参考】iPhone や iPod に液体による損傷があるかどうか調べる

iPhone SEの水没は保証してくれる?

Apple製品には1年限定保証がありますが、たとえばコーヒーや清涼飲料水をこぼしたなど、液体によって損傷した場合は、保証の対象になりません。

※消費者法に基づいて法的権利が適用される可能性はあります。

【参考】iPhone や iPod の液体による損傷は保証対象外

お風呂やサウナ……防水性能があるiPhoneが損傷しないために控えてほしい行為

水濡れで損傷しないように、以下の行為は控えるようにしましょう。

・iPhone を着用したまま泳いだり入浴
・iPhoneに水圧が強い水や流速が大きい水をかける (シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)
・サウナやスチームルームで使用する
・意図的に水没させる
・推奨されている温度範囲外、または極度に湿度の高い条件下で iPhone を動作する
・iPhone を落としたり、衝撃を与える
・ネジを外したりなど、iPhone を分解する

iPhone SEが濡れたらどう対処すべき?

iPhone SEが濡れてしまったら、以下の手順で対応しましょう。

[①]水以外の液体がiPhoneに飛び散った場合、その部分を水道水ですすぎます。

[②]糸くずが出ない、レンズクロスなどの柔らかい布でiPhoneを拭きます。

iPhone SEを乾かしたければ、Lightning コネクタを下に向けて手のひらに置きます。優しく叩き、余分な水を排出させてから、風通しのよい乾いたところでiPhoneを乾かします。

扇風機の前に置き、Lightning コネクタに直接涼風を当てれば、乾きが早くなることがあります。

ただし、高温の熱源で乾かしたり、綿棒やペーパータオルなどの異物を Lightning コネクタに入れないようにしましょう。

iPhone SEは濡れても充電可能?

iPhone SEが濡れてしまったら、ケーブル類は全て取り外し、完全に乾くまでは充電しないようにしましょう。濡れた状態で充電してしまうと、iPhoneが壊れてしまう可能性があります。充電部分が濡れたあとは、最低5時間経ってから充電を行うようにします。

ちなみに、ワイヤレス充電ができるiPhone SE(第2世代)、iPhone SE(第3世代)の場合は、レンズクロスなどの糸くずがでない柔らかい布で、ボディを拭き取ります。乾いたのを確認してからワイヤレス充電マットに置きましょう。

【参考】iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能について

より防水性能を高めたい……! そんな人におすすめのiPhone SE対応防水ケース

ご案内のとおり、iPhone SEは、第2世代モデルから防水性能が搭載されています。さらに、防水機能のあるケースを装着すれば、より安心して使えるかもしれません。

そこで、iPhone SE(第2世代)、iPhone SE(第3世代)に対応する、防水のiPhoneケースをご紹介します。

iPhone SEおすすめ防水ケース①「LifeProof WĀKE」【iPhone SE (第2世代/第3世代)対応】

ケースの85%以上が再生プラスチックからできたエコな製品。波をイメージしたデザインがユニークです。

【参考】「LifeProof WĀKE」

iPhone SEおすすめ防水ケース②防水規格IP68相当の「SLIM DIVER」【iPhone SE (第2世代)対応】

水深2mでも水の侵入に耐える防水性能、チリの侵入を防ぐ最高等級の耐塵性能を兼ね備える、最高ランクIP68相当のケース。

ケースを着けたまま充電ができるだけではなく、ネジを使わず簡単に着脱できるのも魅力です。

【参考】「SLIM DIVER」

iPhone SEおすすめ防水ケース③海辺でも安心「防水ケース」【iPhone SE(第2世代・第3世代)対応】

「継続的に水没しても内部に浸水しない」IPX8ランクの防水性能と、「粉塵が内部に入らない」IP6Xランクの防塵に対応するケース。海辺や工事現場などで使っても安心です。

画面まで覆うタイプのケースですが、Touch IDなどケースを着けていない時と大きく差の出ない、スムーズな操作が自慢です。

【参考】「防水ケース」

※データは2024年1月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※ご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/山田ナナ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。