小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

管理部門や士業の年収ランキング、3位弁護士、2位FAS・財務系コンサルタント、1位は?

2024.01.17

法務や人事、監査などバックオフィスから会社を支える「管理部門」と、専門性の高い資格を有する「士業」。いずれも手堅い職業というイメージが強いが、この2つのカテゴリーにおいて、特に年収が高い職種とはいったい何なのだろうか?

管理部門・士業の総合転職サービス「MS Career(エムエスキャリア)」はこのほど、「管理部門・士業の平均年収ランキング2024」を発表した。

総括:平均年収は528万円で、前年から1万円ダウン

管理部門・士業の2023年の平均年収は528万円で、前年から1万円ダウン。新型コロナが第5類に移行し経済活動の自粛もようやく終了した年だったが、平均年収の回復にはつながらず、物価高騰も続く中で厳しい結果となった。

男女別では「男性」が595万円で前年と横ばい、「女性」が440万円で前年から1万円アップ。エリア別では1位「関東(567万円)」で前年から3万アップしているが、2位「東海(463万円)」と、3位「関西(460万円)」は年収が減少し、1位との差が開く結果となった。

職種別の平均年収は、「管理部門」が571万円、「士業」が884万円、「士業事務所スタッフ」が459万円。管理部門のトップに「内部監査(785万円)」が、士業トップには全体1位でもある「公認会計士(977万円)」が、士業事務所スタッフのトップに「監査法人スタッフ(640万円)」が並ぶ結果となった。

職種別:1位は「公認会計士」で、トップ10内に「コンサルタント」が最多3職種ランクイン

職種・資格別平均年収ランキングトップ3は、1位「公認会計士(977万円)」、2位「FAS・財務系コンサルタント(945万円)」、3位「弁護士(896万円)」となった。

トップ10内には、「コンサルタント」が3職種、「士業」が2職種、「内部監査」「経営企画」が2職種ずつ、「経営企画」「監査法人スタッフ」「金融」が1職種ずつランクインした。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。