小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

レベルの高さに審査員も脱帽!小学生のプログラミング大会「ゼロワングランドスラム」に未来のテック業界を担うスターが集結

2024.01.13

オリジナルゲームでは見事なアイディアで滑らかアクションを表現!!

2つ目の競技は「Scratch」をもとにした、複数人が同時にプログラミングできるツール「プログミー」を使って、オリジナルゲームを作成するという内容。10分間の作戦タイム後、30分間の制限時間内で作業をする「ハッカソン」形式で行われた。

各チームとも、30分という短い時間で、オリジナリティあふれるゲームを作成。解説者や審査員を驚かせる完成度を見せた。最高の評価を得たのは西日本:九州・沖縄ブロック代表Dチーム。作成したゲームは、落下してくるてんとう虫を網で捕まえるというもの。解説者は、虫取り網の滑らかな動きに注目。網を90度動くようにプログラムするところを、10度ずつを細かく連続で動かすというアイディアによって実現した、高度なプログラミングだった。解説者や審査員も唸らせたDチームは、「ロボット競技」に続く見事な2連勝を飾った。

優勝は西日本:九州・沖縄ブロック代表Dチーム! 金城選手が三冠を達成!!

総合ポイントでトップとなったのは、西日本:九州・沖縄ブロック代表Dチーム(金城亜蓮選手:小学4年生、菅倫瑠選手:小学6年生、関博升選手:小学6年生)。「ロボット競技」と「ゲーム開発競技」の2連勝で完全優勝し、3人の選手たちは「嬉しい」と笑顔を見せた。2位には東日本:関東ブロック代表Bチーム(竹村葉太選手:小学6年生、塚原和真選手:小学5年生)が滑り込んだ。このチームは選手の1名(樋野友晴選手:小学5年生)が体調不良でリモート参加となりながらも、2名が力を合わせて健闘を見せた。

また、大会MVPには西日本:九州・沖縄ブロック代表Dチームの金城亜蓮選手が選ばれた。金城選手はヤマハ発動機賞に選ばれ、チーム優勝と合わせてトリプル受賞の三冠となった。参加選手の中で最年少の小学4年生でありながら最高の活躍を見せる結果となり、本人も「優勝できてMVPにも選ばれるなんてビックリ」と語った。大会後には、解説者や審査員が口をそろえ、選手たちのレベルの高さを賞賛。「今日活躍した選手たちの中から、未来の日本を担うIT技術者やAI研究者が現れるかもしれない」と、期待を感じさせる大会となった。

文/山田雅巳

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。